人生とは自分の運命を歩む過程である

見つめ合う瞳

人生は、理論では説明きれない。何かが、遅かれ早かれ私たちをある一つの道へと呼び込んでゆく。

その”何か”は、子ども時代に突然やってくることもある。ふってわいたような衝動、あらがいがたい魅力、思いがけない曲折。

そんな一瞬がまるで啓示のように、あなたにこう訴えかける。

これこそ私がやらなければならないこと、これこそ、私が手にしなければならないもの、これこそ、私が私であるために必要なものだ、と。

ジェイムズ・ヒルマン

人生はゼロから自分自身で作り上げていくものなのか。それとも、生まれたときから決められた運命があるのか。

その答えについて、ある心理学者はこう考える。

私たちには、生まれながら魂が存在する。そして、それぞれ与えられた運命がある。それを現実のものとするための過程が決まっている。

それが人生である。

運命とは最初から決まっているもの

人生は遺伝子や環境によって決まるのではない。もとから運命があって、それを実現するために生きていく。

つまり、私たちにはそれぞれ固有の運命がある。その運命を歩むことこそ、自分が自分であるために必要不可欠なものである。

確かに思ってみれば、人生には何度も、「お前はこっちの方へこい」と呼びかけられているような、不思議な経験をする。

それに導かれてたどり着く場所、そこがまさしく自分の人生であり、「こうあるのが当然だったのだ」というような、不思議な必然性を感じる。

「なるべくしてなった」という事実

そのきっかけ、理由は、考えてみてもよく分からない。

何となく、偶然に、そんな曖昧な理由でしか説明できない。「気がつけば」その道へ引きこまれていた。そういうものだ。

しかし、なるようになったということ、それこそが結局は一番大事なのだと思う。

そこで「なぜ」を問う必要はない。

結局それが、そうなるべくしてなった自分の運命。その道を進むことが人生できっと、大切なことに違いない

運命の導きに従う

この意味で、自分の運命を歩んでいく。

そのためには難しい話はなにもない。ただ自然に生き、呼び込まれる道に進んでいけばいい。

日々何気なく生きていても、本当に進むべき道に進むのであれば。特に意識しなくても、その道は自然に用意されていく。

ただ恐れずに、その道を進んでいけばいい。そうすればいつか分かる。

「私がやらなければならないこと、これこそ、私が手にしなければならないもの、これこそ、私が私であるために必要なものだ」

と。

出典

『魂のコード』(河出書房新社、1998年)

あわせて読みたい

なるようにしてなった。それを人は運命と言う

自分に与えられた運命を全うする。それが本意であれ不本意で

運命があるのかないのか。それを気にするよりもっと大切なことは