人生失敗するのは問題ない。本当に大切なのは失敗した後のこと

失敗して落ち込む少女

人生に、あやまち、失敗はつきものです。

ただ肝心なのは、そのとき「どう対応するか」なのです。

落ち込まない。凹まない。自分を責めない。振り返らない。悲観しない。

それより、今を見すえて、正しく理解して”ここからできること”に専念するのです。

草薙龍瞬

人生は七転び八起き。

つまづき転んで傷ついて、そこから立ち上がりまた前へ進んでいく。人生はその繰り返しである。

つまり、何一つ失敗せず、無傷のまま、完璧な人生を送ることなど、そもそもが不可能である。

だからこそ、人生では失敗すること。つまづいてピンチを迎えること。それを前提に考えた方がうまくいく。

危険なのは、自分の人生は失敗するはずがない。自分がやることは何もかもがうまくいく。そう過信してしまうことである。

この意味で、人生で失敗して転ぶこと。それ自体は全く問題はない。

むしろ、人生で失敗を経験しているということは、そこから順調な学びを得ていることを意味する。

この意味で人生は順調。まっとうに自分の人生を進んでいる何よりの証拠である。

人生でつまづき失敗する。そしてそこから何を学ぶべきなのか。今ここで自分ができることは何なのか。

失敗を否定せず、そこから誠実に何かを学ぼうとすれば、失敗はもはや失敗ではない。これからの人生で必要な学びを得ることができる。

だから失敗してもそれでいい。失敗したことそれ自体を気にする必要は何一つない。人生が思い通りにならなくても構わない。

失敗を否定せずに、ありのまま受け止める。そしてそこから必要な学びを得て、前へ進んでいく。それさえできれば、十分なのだ。

出典

『反応しない練習』(KADOKAWA、2015年)