人生では必ずイヤなやつが登場する。登場する必要性があるから

人々

出会いは必然。

「出会う必要性があったから」こそ、その出会いは与えられた。

あなたが望む望まないに限らずあなたの人生で登場する人というのは、何らかの「必要性」があってこそあなたの人生に登場する。

だからこそ大切である。「好き」「嫌い」は横におき、「何のために?」を知ることが。

はじめに

よくよく考えてみると、人とのつながりは本当に不思議である。

人生「バラ色の人間関係」はただの幻想。どこにいても、何をしても、

「あいつはどうも合わない」

「ほんとうにイヤなやつだ」

「二度と顔も見たくない!」

という人物が登場する。

「あいつと出会わなければ・・・」と思うのが正直な話かもしれないが、あいにくその手の人々との出会いは今後も、定期的にやって来るだろう。

可能性

あなたは「ソウルメイト」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

ソウルメイトとは「魂の友」という和訳が示す通り、あなたの人生で大きな役割を果たす重要人物を指す。そして一般的には「運命の人」など、ロマンティックな概念のように思われがちである。

確かにそれは一面ではそうなのだが、ソウルメイトとは本来「あなた自身を成長させるために登場する人」である。

ソウルメイトは学びや気づきのために登場する存在なので、必ずしもソウルメイトは恋人や夫婦といった、恋愛関係における相手を意味しない。

そしてさらに重要なのは、あなたのソウルメイトがあなたに幸せなイベントをもたらしてくれる相手とは限らない、ということである。

その正体は「あなたの人生で必要な役割を演じる人」

ソウルメイトには二種類のタイプがいる。

一つは、一般的にイメージされるような、ロマンスや成功体験など「ポジティブな経験」を共有できる相手。もう一つは、ここが大切なのだが、あなたに問題や辛い試練といったネガティブな経験を与える相手が、実はあなたのソウルメイトだったりする。

前者については一般的に知られていることなのでここでは割愛するが、ソウルメイトとしてあなたの成長に本当の意味で寄与する役割を果たすのは後者だったりする。

その出会いは不快でイヤな思い出に彩られる「ネガティブな経験」であり、短期的に見れば、彼らとの出会いはあなたの人生にとってマイナスでしかないように思えるかもしれない。

だが後になって冷静に振り返ってみれば、このタイプのソウルメイトが、あなたの人生で大きな役割を果たしていることに気づくだろう。

大切なのは出会った「結果」

学校でやたらと絡んでくるイヤな人やあなたをしごきぬく先輩。職場であなたを利用しようとするフレネミーや手柄を横取りしようとする上司、理不尽な要求をしてくる取引先。

彼らとの出会いによってあなたは悩む。苦しむ。そして不登校や失業、人間不信といった「ネガティブな経験」をすることになる。それは短期的に見たらただの「損害」で、マイナスの出来事にしか思えないかもしれない。

しかしあなたはマイナスの経験をすることによってその後に様々なプラスを得る。

苦しみや不幸に直面することによって、あなたは自分の人生について真剣に考え始める。そして、悩みを解決するために読書や自己投資といった、「今までのあなた」がしようとしなかったことを始める。

その結果あなたは、今までの延長線上ではない新しい道を見つけることができる。そして5年後10年後。あなたの未来は確実に、変わる。

短期的には「あいつのせいで私は不幸になりました」ということが起こったように思えても、実は長期的に見れば、彼らとの出会いは「必要だったから」与えられたことに気づくときが来る。

最後に

人生で出会う人。

それは、「出会う必要性があったから」こそ、その出会いが与えられた。良い出会いもあれば悪い出会いもある。そして、その出会いの一つ一つに、意味が隠されている。

それが不快でイヤな思い出に彩られる「ネガティブな出会い」だったとしても、長い目で見れば分からない。それは「結果的に」あなたの人生を変えた出会いになるかもしれない。

人との出会いは、「良い」「悪い」だけでは測れない意味があるのである。

追記

あなたがこの話を興味を持ったら、一度ノートとペンとしばしの時間を用意して、人生の棚卸しをおすすめしたい。

今まであなたの人生で何が起こったか?どのような人と出会ってきたか?その結果あなたの人生がどのように変わったか?

「因果関係」を確認することで、あなたの人生を変えた人々の存在と彼らと出会った必然性に気づくことができるだろう。

棚卸しの詳しい方法はこちら