人に好かれて人を動かす。人を知れば人間関係も上手くいく

仲良し二人

『人間関係の秘訣は、カーネギーに聞け』(三笠書房)という本を読んだ。

この本は、古典的名著の『人を動かす』を人間関係に特化して、分かりやすく解説している本なのだが、いつの時代も結局は、人間関係は原則は変わらないことを実感させられる。

人は本質的に自己愛のかたまりで、人よりも自分のことに関心がある。

表面はどうであろうと、どんなときも自分は正しいと思っている。だから自分を否定されたり嫌われたりするのはイヤで、自分に反する人を嫌う。

正しいとか間違っているとか、そういう問題ではない。人は感情で動き、結局は好き嫌いで動く。原則論とか「べき論」は無意味どころか有害。

だから、人を嫌うのはダメ。批判したりやり込めたりするのはダメ。そうではなく、尊重して話を聴き、相手の自己愛を満たす。

本書ではそんなことが書いてあるが、これほどシンプルで分かりやすい、人間関係論はないと思う。

国籍人種問わず、人は自分を嫌う人を嫌う。人は自分を否定する人を嫌う。本当にシンプルな話である。

確かに、もし自分が何か間違っていたとしても、そんなことは関係ないのだ。否定されること、間違っていると指摘されるのがイヤなのだ。

「私はこう思います」に賛同して欲しい。多分、そういうものなのだと思う。

スポンサーリンク

人間関係の原則はシンプルに極まる

それで本書には、具体的には人間関係でどう行動していけばいいか、様々なノウハウが公開されている。

特に、

1・笑顔を見せる(P97)

2・あいづちを打つ、人の話にうなづ=人の話を聞く姿勢を持つ(P139)

この2点は、シンプルだが普遍的、とても大切なことだと思う。

考えてみれば、鬼瓦のような強面な人、いかにも「機嫌悪いです」的な顔の人には近づきたくない。人の話を聞いてくれない人には話をしたくない(時間の無駄だから)。

逆に言えば、ニコニコしていい感じがする人のところへ近づきたい。自分の話を面白そうに聞いてくれる人が近くにいて欲しい。

そう考えると、人間関係で大切なことは本当に小さなことなのかもしれない。

もちろん、人間関係も多種多様、様々なので、全ての人と上手くやっていくのは無理だろう。でも、出会う人のせめて60%くらいは悪くない関係を持ちたい。

不要な敵を作らず、良好な人間関係を保ちたい。それは絶対、人生満足度、幸福感に関係してくる。ではそのためにどうすればいいのか?

となると人間関係のスキルを磨いていく他ない。身近な人と良い関係を築ける。それはきっと素晴らしいことなのだと思う。

人間関係はいろいろ難しいが、その技術を習得する価値はきっとある。そのときはカーネギーの原則が、役に立つだろう。