この人と関わるべきか距離を置くか。それを見抜くのがこの一言

性格に難がある人

綺麗事なしに真実を語るならば、世の中には関わって良い人と、関わってはいけない人がいる。

前者の人々は社会的な健全性を保てるだけでなく、自分自身が成長し、豊かになり、幸せになることができる。

一方後者の人々はいわゆる危険人物。

関わるだけで不愉快になるだけでなく、その心の貧しさに影響を受け、自分自身が退化する。

それだけでなく、悪口を言われたり足を引っ張られたりするなど、実際的な実害が生じる可能性がある。

この意味で、誰と関わって誰と距離を置く必要があるのか。その知識は人生において、極めて実践的な情報である。

関わってはいけない人を見抜く最強の武器

知識を知る上で大切なのはまずその知識が役に立つこと。実際に使えること。何より分かりやすいこと。

この3つが大切である。

この意味で、誰と関わって誰と距離を置くのか。それをシンプルに見抜く方法としておすすめなのがこちら。

あなたに良いことがあったとき、「良かったね」と喜んでくれる人とは付き合う。しかし「良かったね」を言ってくれない人、喜びに水を差す人とは距離を置いて深くかかわらない。

これがシンプルかつ、最強の方法である。

以下、その理由を説明する。

「周囲の人」という影響力

人生を豊かにするためにお金だけでなく、絶対に欠いてはならないのが、周囲の人たちとの良好な関係である。

それは一緒にて良い気持ちになる人たちと時間を過ごすか。それとも、一緒にいるだけで不愉快な気持ちになる人たちと一緒に時間を過ごすか。

それを想像するだけで、人間関係の影響力の強大さを容易に理解できる。

だからこそ、あなたの身近にどんな人がいるか。どんな人と長く時間を過ごすか。

それは特にプライベートにおいてあなたの人生の豊かさ、幸福度を決定する上で、それは重要なポイントである。

この意味で、あなたの幸せを自分のことのように喜んでくれる人。何の邪神なく「良かったね」と言ってくれる人。

このような人たちとは、安心して付き合っていくことができる。何より自分自身が人として好影響を受けて成長し、豊かになることができる。

人生に実害を及ぼす危険人物の特徴

しかし逆に、あなたに良いことがあったとき、それを嫉妬して気に障ることを言ってくる人。素直に喜んでくれない人。

こういう人と一緒にいるのは危険である。なぜなら彼らは現状、あなたのフレネミー候補だからである。

想像してみるといい。

あなたの人生で良いことが起きた。あなたはそれを喜んでいる。しかしその人はあなたのそのささやかな幸せすら気に食わない。

表面上はにこやかにしているが「良かったね」と一言も言ってくれない。それだけでなく、「あまり調子に乗らないほうがいいよ」など、水を差す一言を言ってくる。

こういう人を信用することができるだろうか?

実際そんな人を信用してはいけない、という話なのだが、つまりは一緒にいても楽しくないし良い気持ちにもなれない。

何より、「あいつ、最近調子に乗ってるよね」など陰口をたたかれたり、周囲にウソを流されて足を引っ張られたり、つまるところ実害が生じる可能性が高い。

妬みがすべてをダメにする

身近な誰かの幸せを喜べない人は、基本的に自分の人生がうまくいっておらず、嫉妬深い。

彼らの頭は、「あいつが幸せなのになぜ自分は幸せではないのか。許せない・・・」というような思考なので、その行動もダークサイドに走りやすい。

つまり自分が努力して人生を良くしていこうとするより、幸せな人、人生がうまく いっている人の足を引っ張る行為に走りがちである。

だからこそあなたに良いことがあったとき。例えばあなたが努力して何かを手に入れ、幸せな気分に浸っているとき。

それに素直に喜んでくれず、「良かったね」と言ってくれない。そういう人はあなたにとっての「危険人物」になりうる。

一緒にいても幸せを共有できないし、油断すれば、最悪その幸せを壊そうとさえされる可能性がある。

だからこそ「距離」が必要なのだ。

なぜあの人は幸せに人生が成功しているのか

しかし人の幸せを自分のことのように喜べる心が豊かな人は違う。

根本の価値観が「人は人、自分は自分」なので、あなたに良いことがあったら、それを素直に喜んでくれる。

だから付き合っていても無理がないし、表裏がないので、単純に信頼できる。

こちらが相手の幸せを妬んだり、足を引っ張ろうとしないかぎりは、良好で安定した関係を保つことができる。

何より、人の幸せを祝福できる人は根本的に幸運体質の人なので、人格そのものが明るい。つまり心そのものが裕福である。

だから一緒にいて楽しいし、安心できるし、豊かさを感じることができる。

このような人は自分を幸せにしてくれるだけでなく、人として成長させてくれる。大切に大切に、付き合っていきたい人である。

最後に

人生、周りの人の影響というのは想像以上に大きい。

気分が伝染するだけでなく、知らず知らずのうちに、価値観や考え方でさえ、その影響を受けている。

だからこそ、出会う人すべてと仲良くなる必要はない。

関わるべき人。距離を保つ人を見極め、必要であるなるば、あなたの人生に悪い影響を及ぼす人はいつだって縁を切ることができる。

そうすればいかに、周囲の人の影響が大きなものだったか、驚くほど実感できる。

それと同時に最後、1つだけ忘れてはならないのが、あなた自身が他ならぬ、周囲の誰かの良いことを素直に「良かったね」と喜べる人になることである。

あなた自身が他人の喜びを喜べる人になる。それによって、あなたの周りにも、同じような人が集まってくる。

そうすれば「類は友を呼ぶ」の法則でますます、あなたの人間関係は豊かに、そして幸せになっていく。

それこそがシンプルだが、人間関係で不幸にならないための王道である。

あわせて読みたい

人間関係で不幸にならないために知っておきたい関わると不幸になる「要注意人物」の特徴

関わる必要がない人とは無理に関わる必要はない

性格は顔で分かる。特にヤバい人相の特徴3つ