結婚を考えたあの人と別れることになったあなたへ

悲しみに沈む女性

この世には、どう考えても「ご縁」としか言いようがない出会いがある。それは男女関係において、特に顕著な傾向である。

普通に考えれば、生まれや育ち、価値観など、何もかもが違う男女が結ばれて、一つの家族となるということは、ものすごい話である。

そして、なぜあの人でもなくこの人と結婚することになったのか?その必然性を考えれば、それはご縁としか言いようがない何かがあると考えるのが自然である。

この意味で、深い関係になったけれども結局結婚までたどり着くことができなかった人というのは、「そこまで」のご縁である。

つまり、あなたに真剣に将来を考えた人がいたにも関わらず、その将来が実現しなかった場合。それは「この人ではありません」という天からのお告げ。悲しむ必要はない、という話である。

スポンサーリンク

最後は「縁」が全て

人生不思議なもので、途中経過がどうであれ、なるようになることは、必ずそうなるようになっている。いくら努力だとか「人為」を発揮して結果に干渉しようとしたところで、本筋の結末は決まっている。

つまり、あなたは誰かと出会うための努力をすることはできるが、その出会った人とどういう関係におさまるのか?その結果はあなたの努力の範囲外である、ということである。

特に男女関係という、この世で特に難しい関係については、なおさら努力や心構えではどうにもならない要素が、あなたの思惑をぶち壊す。

つまり、あなたがある人に思いを寄せ、距離が近づいたとしても。最後まで一緒になることを希望しても。ご縁がなければ最後の最後で、別かれるようになっているのである。

逆に言えば、ご縁があれば途中経過がどうであれ結末は最初から決まっている。なるようになるのである。

起こった結果を「正しい」と考えてみる

どれだけ好きでも別れることになってしまう人。それを実際に経験すれば、ただただ悲しいし、いろいろ現実が理不尽なように思えるかもしれない。

でも大切なのは長い目で見ることである。

将来を真剣に考えるほど深い関係にあった人と別れることは楽なことではないが、なぜ別れることになったのか?それをご縁という視点で考えれば、それが悲報ではないことに気づくことができる。

なぜなら「そうなった」という結果から考えれば、その答えは明白である。つまるところ、「そうならなかった方が良かった」からこそ、別れという現実がやって来たのである。

その正しさは、時間が証明してくれるだろう。

最後に

このような話を長々とするのは良くないのでこのあたりにしておくが、今あなたは確かに目の前の現実に打ちひしがれ、「新しい出会いがやって来るのか?」と不安に感じているかもしれない。

そして、なぜここまで来てダメになってしまったのか?どうにもこうにも、納得がいかないかもしれない。しかし、人生はどこで何が起こるか分からない。本当に、どうなるかはわからない。

1年後のあなたは、「あの別れがあったからこそ」というような現実に驚愕しているかもしれない。だから自分を責める必要はないのである。

結果はそうなった。そしてその結果こそが、あなたにとっての最善の結果なのかもしれないのだから。

あわせて読みたい

なぜ結婚は「ご縁」なのか?

なぜあの人と縁がなかったのか。その理由が今分からなくても

「特別な人」とはトントン拍子にご縁がつながる話