足を引っ張られることは朗報。なぜなら

気にしなさんな

人生何かがうまくいきだすと、何か問題が起こるのはお約束。物事が上手くいき出すと。突如として登場するのが、足を引っ張ってくる人である。

そこでこの記事では、そもそもなぜ足を引っ張る登場するのか?その意味と、足を引っ張る人に人生をかき乱されないための心構えについてお伝えしたい。

あなたはきっと、人生に意欲的で、向上心を持ち、そして努力を重ねている人に違いない。だからこそ、この考え方を知っておくことは大切である。

結論はこちら

結論から言うと、あなたの足を引っ張ろうとした人が登場したということは、あなたの人生が上手くいっており、あなたが頭抜け出した状態。つまり有利な立場に立ち始めたことを意味する。

なぜなら、足を引っ張る方が下位であり、足を引っ張られる方が上位だからである。そのため、まずはおおらかに構えて、周囲の言動に対し反応を示す必要はない。

たとえば、圧倒的な実績を持ち社会的に成功している人が、何の実績のない無名の人の誹謗中傷に対し、顔を真っ赤にして反撃することはないだろう。

そんなことをしなくても、成功者と無名の人、実力や実績、信頼、あらゆる面で、そこに圧倒的な差があるからである。

あなたの場合、あなたが相手のことを全く気にかけていないにも関わらず、相手はあなたに敵意を持ち、足を引っ張ろうとしてくるようになったという。

それはまさしく、あなたが相手に対して脅威を持たれている証拠であり、それはあなたが足を引っ張ってくる相手より、「上」の立場にいることを意味する。

つまり、あなたがあなたを敵視する人々から、「一目置かれる存在」になったのである。この点はまさに、朗報と言えるだろう。

実害が生じない限り放置してOK

他人の足を引っ張ろうとする行為の本質は「他人下げの自分上げ」である。

すなわちそれは、自分は何ら成長するための努力をするかわりに、頑張っている人を貶め、自分と同じ場所に引きずり降ろそうとする非生産的な行為である。

この意味で、自分の人生にまともな向上心を持つはそもそも他人の足を引っ張ろうとするくらいなら、「あいつ、今に見てろよ!」と自らの発奮の材料とするだろう。

むしろ、あなたの敵として本当に怖いのは、この手のタイプである。

ところが、自分を高める努力をせずに人の足を引っ張る人に向上心はない。身を切るような努力によって現状を変えようとする志もない。根が小心なため、できるのは小細工程度である。大きなことはできない。

なので、本質的に足を引っ張る人というのは実は、あまり脅威となる存在ではない。実害が生じない限りは、基本的に放置してもいいだろう。

言いたいやつには言わせておけばいい。そしてわざわざ相手にする必要もない。あなたは自分がすべきことを淡々と、積み重ねていけばいい。

頑張れば足を引っ張られる

ちなみに、足を引っ張り続ける人がその後どうなるか?その点について、個人的に聞いた面白い話を思い出したので、ここでシェアしたい。

昔、私の友人が中学生だった頃、高校への進学を巡り、今まで仲の良かった友達から、悪口を言われたり、からかわれたり、何かと足を引っ張られるようになったそうである。

友人はあまり勉強を頑張るタイプではなかったそうなのだが、3年生になり受験を控えると、別人のように勉強を始め、成績が急上昇したそうである。

その結果、「こいつは大したことはない」と思っていたらしい周囲の人々にとって、「脅威」になってしまったようだ。

友人の学校は言われる内申点によって受験校が変わる地域だったそうで、内申点はかんたんに言うと椅子取りゲームである。

つまり相対評価で進路が決まるという環境で、誰かの成績が上がれば誰かの成績が必ず下る環境であったことを考えれば、なるほど、友人が周囲の人間の脅威となったことは容易に想像がつく。

足を引っ張った人の末路

そして大切なのはここからなのだが、その後友人の足を引っ張った人々はどうなったか?

友人の足を引っ張った人物たちはもともと、小学校から塾に通い勉強が出来たタイプだったそうだが、受験は失敗。

なかでも、ネチネチと友人の足を引っ張ろうとした男は、本来の実力では合格確実と言われた学校に不合格。その後の消息はしれないそうである。

この話をシェアする前に、勘が良い方は気づいたかもしれないが、このような結果に終わる理由はシンプルである。

足を引っ張る人は、そもそも、自分に自信がないのである。自分に自信がないからこそ、自分を抜いていく人は脅威であり、怖いのである。

ここで、「あいつには負けられない!」というような、良い意味での嫉妬心を燃やすことができたなら、結果は違うものになるだろう。

が、自分を高めず人の足を引っ張り下に降ろそうとする。そんな思考がもたらす現実は、晴れた青空のように明快である。

最後に

あなたが真面目に向上心を持ち、努力し、前進しても、それを快く思わない人は必ず登場する。

ただ忘れてはいけないのは、足を引っ張られている方が主役であり上にいる立場である。そして、足を引っ張っている方はいわゆるモブキャラであり、下にいる立場である。あなたの人生に響を及ぼす類の人間ではない。

あなたがより自分のことに集中し、やるべきことを続けていれば、そういう人たちの行動はほぼ気にならなくなるだろう。なぜなら、あらゆる意味での距離が、途方もなく広がるからである。

逆に、あなたが足を引っ張る人たちの言動に心が乱されている場合。あなたは自分がすべきことに集中できていないのかもしれない。

「自分もまだまだ」と更に奮起し、雑音は放置してあなたがすべきことに取り組もう。あなたが行き着く場所へと進めば進むほど、あなたの心は穏やかになるだろう。

ここまで読んだ方におすすめ

端的に言えば人の本質はズバリ嫉妬。その上で大切なこと