人と人との相性は直感で最初から分かる話

私には分かります

社会で生きていくということはすなわち、自分とは違う考え方や価値観を持った人たちと関わっていくことである。

そこでは気が合う人、一緒にいて楽しい時間が過ごせる人がいる一方、いくら努力しても、どうにも気を合わせることができない人がいる。

早い話、社会で出会う人すべてと仲良くすることは不可能で、人間関係で悩まないために、ときに「嫌われる勇気」が必要とされるときだってある。

つまるところ、合わない人、距離を置いた方がいい人とは、きちんとケジメをつけておいた方がいろいろ安心だ。

相性はひと目で分かる?

人間関係の相性というのはいろいろ不思議なもので、それは出会った段階からすでに、それとなく「この人とどれくらい仲良くなれそうか?」ということは、それとなく察知できる。

例えば、「この人とはなんとなく馬が合うな」という人とはやっぱり特に気を遣ったり意図的な努力をしなくても、自然と仲良くなれることが多い。

人間関係は相互の気持ちが同じ方向に向いていなければ関係が深まることがないので、自然に仲良くなれる人というのは、自分だけでなく、相手もこちらと仲良くなりたいと思っていることが多い。

一方、なんとなく気を遣ってしまう人。安心感を感じられない人は、理由はハッキリとは分からないが、やはり距離のある関係で終始してしまう。そして、その方が自分にとってベストであることが多い。

これはやはり、相性と言うほかない。

このサインを無視しない

早い話、人生人間関係はとても大切である。良い出会いが人生を豊かにする。このことは間違いない。

ただ忘れてはいけないことは、人は人によって幸福なるが、人によって不幸にもなる。つまり、誰構わず同じように仲良くする必要はない、という話だ。

だから誰と仲良くして誰と仲良くしないのか。それは極めて、自然な判断に任せるのが良い。

つまり「なんとなくだけど、この人とは仲良くなれそうだ」という感覚。逆に、「なんとなくだけど、この人は距離を置いた方がいいな」という感覚。

そんな直感は、こと人間関係をジャッジする上では、とても役に立つ。むしろ人間関係で余計な問題を起こさないために必須と言ってもいい。

人間関係で失敗しないために

人間関係で失敗する理由の一つが、感覚を無視して、頭で考えて人間関係を作ろうとすることである。

例えば、「この人はなんとなく気が合わないけど、この人と仲良くすると得かもしれない」とか、感覚を無視して理屈で人付き合いしようとする。

そういう関係はもしかしたら短期的に得をするかもしれない。しかし長い目で見ると、得をするより損をする可能性の方が高い。

それは、最初に出会った段階から分かる。なんとなく好かない。ピリピリした感じがして、自分の気持ちが反発している。一緒にいて落ち着かない。安心できない。ヤバそうな感じがする。

「警告」サインは至るところに出ている。人間関係で失敗したくないと思ったら、その声は真剣に聞いておいて損がない。

人との出会いは幸せを引き寄せるけれど

良い出会いに恵まれ、多くの友人を持つ。それは幸せなことである。素晴らしい人たちとの付き合いは、人生を豊かにして、人と人とがつながることの大切さを教えてくれる。

ただ、世の中すべての人がいい人とは限らない。「この人と関わったせいで・・・」というような実害を被ることだってある。

だからこそ大切なのは、自分の感覚を信じること。人間関係では特に「なんとなく」という感覚が役に立つ。

誰と仲良くなって、誰と距離を置いた方がいいのか、「なんとなく」感じたことは、実はとてもな重要サインである。それは「印象」という言葉に置き換えてもいいかもしれない。

すなわち、あなたが感じたその人の印象。その印象がハズレることももちろんある。しかし当たることもかなりある。まぁ、そういうことである。

あわせて読みたい

人の悪口ばかり言う人と関わってはいけないただ1つの理由

関わると不幸になる「要注意人物」の特徴

「友だちは多い方がいい」というウソ