なぜあなたは変わりたいのに変われないのか?本当の理由がこちら

華やかに咲き誇れ!

われわれは過去の出来事によって決定される存在ではなく、その出来事に対して「どのような意味を与えるか」によって、自らの生を決定している。

青年

人生とは一言で言って、「自分という名の物語」である。

自分が物語の書き手となり、世界でたった一つだけの物語を、自分自身の手で紡ぎあげていくことができる。

しかし、そのことに気づけない人は、物語の書き手は他の誰かであり、「自分は誰かの物語を進んでいくしかない」と考えている。

だから、「自分は変わることができないんだ」とあきらめ、結果的に、自分自身の人生を歩むことをあきらめてしまっている。

それはとてももったいないことである。

自分を過小評価するな!

当たり前かもしれないが、あなたという人は、この世の中でたった一人しか存在しない。

もしあなたがかりに、自分自身について気に食わない何かがあっても、「今の自分なんか好きになれない!」という気持ちでも、その事実は決して覆すことができない。

つまりそれは、あなたはあなたでしか経験できない何かが絶対にある、ということを意味する。

この意味において、自分自身の物語を紡いでいくことを放棄し、他の誰かにそれを委ねることは、本当にもったいない話である。

「くだらない物語」なら今すぐに

そして今すぐ意識したい何よりの朗報。それは、自分がその気さえあれば、気に食わない物語をいつだって書き直すことができる、ということである。

それは過去に何があったとか、自分の才能はどうだとか、そういうことは関係ない。問題はあなたが自身がこれからどうしたいのか。

どんな物語を歩んでいきたいのか。つまり人生で何を楽しみたいのか。それこそが最も重要なことである。

そう、つまりは人生はいつだってやり直しができる。そして、いつだって、よりよいものにすることができるのである。あなたが変わりたいと思うなら、あなたは変わることができる。

昨日は昨日で今日は今日

「私は過去にこんなことをしてきました。だから私はこの程度の人間です。私の人生はこんなものです」

これを自己規定と言う。

確かに、自分を「正しく」「客観的」に考えることは大切かもしれない。できることとできないことを、冷静に認識することは正しいかもしれない。

ただ間違えてはいけないこと。それは過去は過去。そして未来は未来。今までの自分がどうであれ変えられることはある、ということである。

今まであなたが「自分らしくない」のであれば、これから自分らしく生きることができる。繰り返すが、人生とは自分自身の物語である。主役が物語を、自由に動かすことができるのである。

最後に

私たちが今ここにいるのは、誰かの言うとおりに生きるためではない。「これこそが私自身の物語である」という貴重な体験をするために、今この場所にいる。

繰り返す。決して自分を過小評価してはいけない。自分には自分にしか、できないことがある。それを見つけることができる。

あなたの物語の主役は一体誰なのか?それを思い出すことによって。

追記

あなたが自分とは一体何者なのか?どのような可能性があるのか?深く知りたいと思うなら、この記事がそれを知るための手がかりとなるだろう。

休みの日などにゆっくり時間を作り、ノートとペンを用意して、このワークに取り組んでみよう。あなたは自分について、更に理解を深めることができるだろう。

もう迷わない!本当の自分を知る9つのヒント

出典

『幸せになる勇気』(ダイヤモンド社、2016年)