苦しい恋ほど燃え上がる。そしてその苦しみが消えたとき

絶賛恋愛中

恋とは相手への盲目的な執着です。

そしてその執着の炎は恋の苦しみによって、ますます燃えあがるのです。

遠藤周作

もしあなたが人生で、最高に心が燃えあがる恋愛をしたいなら、おすすめのことが1つある。

それは、一緒になるためのハードルがあまりにも高すぎる相手に恋をすることである。

なぜなら、一緒になるためのハードルが高ければ高いほど、相手に対して執着心が芽生えるからである。

執着心が芽生えれば、何が何でも相手と一緒になりたいと、心が全身全霊で恋愛に突き進む。だから、それが良いことか悪いことは別として、一つの恋愛としては、最高に楽しく、そして苦しい。

だから、人生で忘れない恋愛をすることができる。

具体的にはこういう話

私たちは何の障害もなしに手に入るものを軽視する傾向がある。これは恋愛も例外ではない。

付き合うために対した障害がなく、自然と一緒になった。それは本来とても大切な関係なのだが、その価値を感じにくいという欠点を持つ。

逆に、好きなのにもう恋人がいるかもしれない相手。

逢いたくても遠くにいてなかなか会えない相手。

簡単に自分になびいてくれない相手。

そういう相手に対しては、心は驚くほど燃えあがる。なぜなら、そこには手に入らない嫉妬心。愛されない哀しみ。

様々な苦しみを味わうからである。

恋心を燃え上がらせるもの

好きだけど付き合えない。好きだけど相手は自分のことをどう思っているか安心できない。もしかしたら、相手には既に大切な相手がいるかもしれない。

こういうとき、私たちの心は苦しみにもだえる。そしてますます、相手への執着を強めていく。

執着は嫉妬を呼び、嫉妬は相手を自分だけのものにしたいという独占欲を呼ぶ。だからその恋愛が苦しければ苦しいほど、ますますハマってしまうのである。

この意味で、恋愛を充実させるために必要はなのは苦しみである。苦しみがあるからこそ、より一層、相手への想いを激しく燃やすことができる。

恋が終わるとき

しかし恋愛の苦しみがうすれ、なくなったとき。その恋愛は色あせて、驚くほどあっさりと終了してしまう。

相手が誰といようが、何をしていようが、もはやどうでもよくなって、興味を失う。恋は完全に色あせる。

だからこそ、誰かを好きになったときは苦しくてもいい。不安でもいい。

むしろ、その想いが苦しければ苦しいほど。不安であればあるほどに。嫉妬がつのればつのるほど。あなたは最高の恋愛をすることができる。

そして、あなたの苦しみ、不安、嫉妬がさっぱり消えたとき。その恋は色あせる。これが恋の原則である。

出典

『生き上手 死に上手』(文春文庫、1994年)

あわせて読みたい

自分を傷つける恋愛 自分を幸せにする恋愛

もう人を好きになんかならない。そう誓ったところでまた

恋愛は確かに人を成長させるが、間違った恋愛は人を不幸にするだけだ