困ったことは起こらない。これが問題を乗り越えていく最強の考え方

人生に挑戦する男

問題やトラブルは、乗り越えられるタイミングでやって来る。

斉藤一人

人生は良いことばかりではない。

嫌なことが起こって落ち込んでしまうこと。やることなすこと裏目に出て、失敗ばかり続くこと。

「なぜ自分の人生でこんなことがやって来るのか?」という問題に直面して動けなくなってしまうこと。

本当にいろんなことがある。

今その問題がやって来た本当の意味

人生で問題が起こったとき。トラブルでどうにもならないとき。そういうときこそ思い出したいのが、「困ったことは起こらない」という考え方である。

これはすなわち、人生で起こることはベストタイミング。「今の自分がそれを乗り越えられるからそれが起った」ということ。

それに気づけば、人生何が起こっても、心が完全に折れることはない。

困難に直面しても心の中で「困ったことは、起こらない」と何度もつぶやく。そして「自分が乗り越えられるからこそこの問題はやって来た」と自分を励ます。

これによって実際、問題を乗り越えていくことができる。そして問題をクリアした後に気づく。

「本当に困ったことは起こらない」と。

人生で起こる問題はただのきっかけにすぎない

人生で何かが起こるには、それ相応の理由がある。

例えば人生が絶頂でうまくいっているとき。このときはどうしても人生に油断し、甘え、調子に乗ってしまう。

そんなとき、「お前はまだ調子に乗ってはいけない」と言わんばかりに、問題やトラブルがやって来る。

すると不思議なくらいやることなすこと失敗が続き、「自分の実力はまだまだこんなものだ」という現実を突きつけられる。

ここで完全に心が折れて、自分の人生を台無しにすることもできるし、「困ったことは、起こらない」と考えて心を入れ替えて一からやり直すか。

その選択は、今の自分に与えられている。

問題は自分を磨く最強の修行だ

一度どん底に落ちても「困ったことは、起こらない」。

全てを一から見直して、より良い自分に生まれ変わり、そこから爆進。どん底に落ちたことそのものが実は長い人生で、素晴らしく価値があることに気づく。

この意味で人生で起こることはまさにベストタイミング。「今の」自分にとって必要だからこそ、問題はやって来る。

だからどんな問題がやって来ようとも、それでいい。ただ、「困ったことは、起こらない」ことを信じ、今の自分に与えられた課題に全力を尽くす。

それがまさに、自分を磨く最強の修行になるのである。

出典

『魂力』(信長出版、2018年)

あわせて読みたい

人生で起こることはすべて、いつか1つにつながっていく。

人生で困ったことが起こるのは不幸になるためではない

ツイてないときを「気づきのとき」と考えるとツイてない時期も人生をムダにしなくて済む