人事を尽くして時節を待つ。すると全ての逆境は

山あり谷ありの人生を生きる

いかなる不運、不幸、不景気も、決してそれが永久的につづくものではない。

時計の振り子のごとく、また波の起伏のごとく、やがては元に戻るものである。時が来れば必ず元へ盛り返すものである。

本多静六

人生に夢や希望、意欲をいだいて前向きに努力し前進していく。

それによって夢は実現され、人生がめでたしめでたしになれば、生きることに大きな困難はない。

実際のところ人生はどれだけ計画を立てて安全第一、前へ進もうとも。思わぬ障害。困難によって停滞を余儀なくされるものである。

スポンサーリンク

すべての悪いことは一過性の出来事

しかし一つ朗報がある。人生で起こるすべての悪いことはいつか必ず終わる、ということである。

大切なのは、不運。不幸。不景気。

生きる意欲を減退させる様々な出来事はすべて、一過性のものであることを忘れないことが大切だ。

つまり、今どれだけ不本意な状況にあろうとも。人生を挽回する意欲を失わず、今後の計画を立て、粘り強く物事に取り組んでいけば。

いつか必ず、光は見えてくる。

人生で不幸がやって来る本当の意味

さらにもう1つ付け加えるならば、人生起こることはすべて、ムダなことではない。

そして、いわゆる人生経験したくない不運や逆境こそ、自分を次のステージへ進ませてくれる成長の機会である。

リストラされて仕事を失ったとしても。恋人に裏切られて人間不信に追い詰められても。

それは、あなたを苦しめるための出来事ではない。苦しみに耐えて成長し、人として大きくなるための、学びのチャンスなのである。

最後に

人生はとかく思い通りにいかないものである。

だからこそ忘れてはいけないのは、人生で起こる全てのマイナスはあくまで一時的な事柄であること。

そしてそのマイナスを経験することによって、更に人として成長するチャンスがあること。この2つを忘れないことが大切である。

実際のところ、人生プラスばかりでは、面白くないし、成長もできない。

マイナスがあるからこそ。停滞があるからこそ。それからグングン、伸びていくことができる。

つまるところ、人生で起こることにムダはないのである。

出典

『人生計画の立て方』(実業之日本社、2013年)