人生で「寄り道」ばかりしているあなたが読みたい言葉

放浪者

寄り道は、一見、効率のいい生活や成功する人生とはほど遠い経験だとされている。能率一辺倒のビジネスからすれば無駄や的外れだと思われている。

けれども寄り道は、自分の内部の声に従った、豊かな発想の源を探すための旅でもあるのだ。

西谷昇二(『壁を乗り越える技術』より)

いい大学に入っていい会社に入り、結婚して家庭を築く。そして家を買う。

世の中には「これが正しい」「常識的だ」というレールがある。そしてそのレールから外れてしまった人は、世の中でいろいろ苦労するのも確かである。

「回り道」という人生の幸運

人生で絶対に失敗しない。

人々はそれを効率のいい生き方と考えているが、果たして本当にそうなのか?何もかも無駄なく生きることが、本当に意味がある人生なのか?

確かに、人と違う生き方はそれなりにしんどい。だけれど、受験の失敗や就職の失敗。病気や挫折。

人生で経験する様々な寄り道は、決して無駄にはならない。むしろ、その経験をすることが長い目で見ればあなたの人生において必要な経験なのである。

それは短期的に見ればただただ理不尽で、不幸なことのように思えるかもしれない。

しかし長い目で見れば、その経験は必ずあなたの人生において意味を成す。そして納得する。「だから私はこんな回り道をしたのだ」と。

苦難は人生の真実を教えてくれる

私の経験で恐縮だが、20代の頃私は就職に失敗し、何もかも上手くいかなじ灰色の20代を過ごした。

人と比べて、いろんな寄り道をしてきた。そして「なぜ自分の人生はこんなにも上手くいかないのか?」と悩んだのが正直な話である。

しかしその経験は、時間が経った今だからこそ分かるのだが、決して無駄ではなかった。むしろ今の幸せな人生のために欠くことができない大切な経験であった。

自分は何がしたいのか?何をすれば人生が豊かになり、何をすれば人生が貧しくなるのか?本当に信用できる人は誰なのか?誰と時間を過ごして、誰と時間を過ごすべきでないのか?

一切綺麗事のない世の中の現実から、血肉となる貴重な学びを得ることができた。このような経験は、自分の人生が順風満帆。失敗知らずであったとしたら決して得られない、貴重な学びである。

長い目で人生を考える

人生で大きな寄り道をしてしまった。その意味を今は分からないかもしれない。しかしそれは人生長い目で見れば、そこには大きな価値、大きな意味がある。

私自身、そのことを知るまではかなり時間がかかってしまったが、寄り道をしたからこそ見つかる幸せがあることを知ったのは僥倖である。挫折し絶望したからこそつかめる幸せがあることを知ったことは僥倖である。

だからこそ確信を持ってハッキリと言える。「人生に決して無駄はない」と。

一方、人生でやることなすこと何もかもうまくいく。一切の苦難や挫折を経験せずに全てが順風満帆。それは決して幸せな人生ではない。むしろ不幸な人生なのかもしれない。

最後に

あなたが今、もし人生において遠回りをしているなら、それを決して無駄とは思わないことだ。

それはいつか、あなたの人生で意味を成す。今は焦り、苦しいかもしれない。しかしあなたが自分の人生を見捨ててしまわない限り、それは決して無駄ではない。

だから寄り道がしたいならいくらでもすればいい。気が済むまで寄り道をすればいい。最後にあなたは、あなたが行き着く場所へ辿り着くのだから。

あわせて読みたい

人生ネバーギブアップ。あきらめなければなんとかなる!

人生は99回負けてもなんとかなる。致命傷さえ負わなければ

【歴史の教訓】人生は「いつ」「どこで」「どうなる」か分からない話