人生で想定外の障害が発生したときは「強行突破」してはいけない話

そこで止まれ

人生は様々な偶然のめぐり合わせである。

「◯◯を実現する!」と目標を立て、準備をし、そこへ向かうためのあらゆる努力を尽くしたところで。突如障害が発生し、そこへ向かうことが難しくなってしまう場合もある。

そこでこのページでは、そのような現象が起こる意味について簡潔にお伝えしたい。

特にこれから訪れる変化の激しい時代において、この考え方を知っておくことは、あなたが不確実な未来の中であなたにとっての最善の未来を実現するためにとても重要な意味を持つだろう。

頭の片隅にでも入れておいてほしい。

想定外の問題が起こる意味

あなたの人生において「想定外」のトラブル、誰かの邪魔や障害が発生するとき。そのサインを正確に受け取ることはとても大切である。

結論から言って、それは「やめておけ」という再検討を促すサインである。

例えばあなたが「自分は今後◯◯したい」と未来にビジョンを持ち、その実現のために行動を起こしたとする。

すると、途中で問題が発生し、それまで取り組んできた様々な努力が「やり直し」と言える状態になった場合。「なにくそ!」と更にアクセスを踏むのは厳禁である。

なぜならそれは「行動を修正しなさい」というサインだからである。そして更にいうなら、それはそのまま上手くいくよりもダメになった方がいいのである。

ポイントは「突然」「ストップ」がかかること

抽象的な話になったので、もう少しだけ具体的に説明したい。

例えばあなたが起業を志しているとする。そこで、仕事をしつつコツコツ自己資金を貯金。それでようやく300万が用意でき、スモールビジネスを開業できる状況になったとする。

次は具体的に店舗を検討する段階である。

様々な物件を比較検討し、「ここがいい!」という物件を発見。契約に進む。先方も契約に前向きで物事はトントン拍子。いざ契約書にサインをしようとする直前。突然先方から「申し訳ないが今回はなかったことに」と言われてしまう。

このように、物事に突如「ストップ」がかかったとき。

「別の物件を探すぞ!」と更にアクセルを踏むか、「これは何かのサインかもしれない」と考えてブレーキを踏むか。あなたは2つの対応を選択することができる。

まず立ち止まること

人生で起こることには必ずそれ相応の意味がある。

なぜ突如として想定外の邪魔が入るのか?ストップがかかるのか?アクセスを踏んでいるときはその理由が分からないかもしれない。

しかし、繰り返す。想定外の問題が起こったとき、更にアクセスを踏むのは厳禁である。

なぜならそれは「行動を修正しなさい」「止まりなさい」というサインだからである。それがそのまま上手くいくよりも、ダメになった方がいいからである。

一度冷静になって、勇気を持ち物事をゼロベースから見直した方がいいだろう。

個人的な経験から言うならば、想定外の障害や問題が発生して物事に強制ストップがかかった場合。短くて1ヶ月。長くて3ヶ月。自分自身で積極な行動を仕掛けるのは控えることをおすすめしたい。

なぜかというと「時」を待っていれば、「だからそれが起こったのか」という理由が判明するからである。

最後に

人生にはアクセスを踏むときとブレーキをかけるときがある。

前へ前へと前進しているのに突如想定外の出来事によって前進が邪魔されてしまう。それは心情的としてポジティブにとらえることができないのは理解できる。

しかしそれを無視して更にアクセルを踏んでしまえば。せっかくそれが起こった恩恵を見逃してしまうだろう。

ということでこの記事であなたに伝えたいことはシンプルである。

突然何かの邪魔が入って物事が停滞したとき。決してそこからアクセルを分ではいけない。「一度立ち止まって行動修正した方がいいですよ」という話である。

あわせて読みたい

人事を尽くして時節を待つ。すると全ての逆境は

結局どんなときも最後に頼りになるのは自分自身である。

人生のステージが変わるときに起こる「リセット現象」とは?