気に食わない存在の背後に隠れているもの。それが「影」

自分を隠す男

あなたのまわりに、

「この人は気に食わない!」

「理由はわからないけど、ともかく嫌い!」

という人物はいないだろうか?

あなたが、

「自分の成長?興味ないね」

という場合、この話はあなたの役に立たないが、

「私は日々少しでも自分を成長させて、自分の人生に意味を見出したいです」

と考えている場合。この視点を知ることで、あなたの視野を広げるという意味で、価値を持つだろう。

はじめに

私たちは、私たちの「感情」や「価値観」、そして「自分自身」を周囲の人に投影する。

あなたがイライラしているとき、なぜかあなたをよりイライラさせる人が現れる。あなたが不安なとき、よりあなたが不安にさせるような人が現れる。挙動の一つ一つがあなたの感情を刺激する人が登場する。それはただの偶然ではない。

そしてここからが大切なのだが、あながた普段感じているにも関わらず、あなたがその存在を認めようとしなかった感情は、他者を通じて、あなたにその存在を気づかせようとする。

その正体はあなたの「影」

例えばあなたの職場に、やたら細かいことを指摘し、あなたの気分を著しく害する上司がいるとする。あなたはその上司の一言一言が異様に気になる。そして、

「この人は嫌だ」

と、強い嫌悪感を持つ。

この現象を普通に考えるなら、

「この上司はク◯野郎です。人間的にアレな人です」

と考え、そこで思考をとめることができる。

ところがである。世の中には細かい上司はどこにでもいて、他の人はその上司を異様なほどは嫌っていない。にも関わらずなぜあなたは強い嫌悪を感じるほど、その上司が嫌ななのか?

ここであなたが、

「もしかしたら私自身、人に細かすぎるところがあるかもしれない」

という視点を持ってみると、なぜその上司があなの身近に用意されたのか?意味を見出すことができる。

それはいわば「隠された」自分

私たちは自分自身を他者に投影する。そして、自分が持っているにも関わらず、それを持っていることを強く認めたくない場合。「他者という鏡」を通じて、私たちはそれを見る。これを、心理学では「影」と言う。

「影」というのはユングという心理学者が提唱した概念で、

・あなたが「これは私ではない!」と認めたくない部分

・あなたが人生でそう生きたいと思ってもできなかった部分

を表すものである。

例えば、あなたはある特定の人物に対して、特に思いつく明確な理由もないのに、なぜから「この人は嫌い」「理由はわからないけど、気に食わない」という感情を抱いたことはないだろうか?

ある人の容姿(ファッションも含めて)に嫌悪感を感じたり、生き方や考え方に、激しい反発を感じたことはないだろうか?それらは、あなたが「普段意識から消している」あなた自身の影である。

なぜそれに気づく必要があるのか?

大切なのは「それでどうした?」と言う話である。

あなたが「影」という視点を持つ意味はシンプルである。その情報は、あなたが自分についてさらに知り、必要なことに気づき、成長するための栄養である。

難しい言葉でいえば、「あなたが「これは私ではない!」と認められない自分(影)を統合することによって人間的な成長を促すことができる」という話である。

ようは、あなたが「影」という存在を知ることで、身近に起こる様々な出来事は決して無意味な出来事ではなく、すべてそこにあるものは、必要があるからそこにあることに気づくことができるのだ。

最後に

自分のことはわかっているようでわかっていない。そこで自分についてさらに知るためのヒントが「影」である。

「影」を通じて自分が見ないようにしているものに気づく。それはたしかに受け入れ難いものかもしれないが、「そうか、確かにそれは自分の一部だ」と気づきを得ることであなたの精神は一皮むける。

あなたはそこで、新たな自分と出会うのだ。

ここまで読んだあなたにおすすめ

人は鏡。自分の心は周りの人に投影される法則