人生で見込みがないことを今すぐ損切りする効果

困ったなぁ

人生、何故か不思議に上手くいくことと、どれだけ頑張ってもどうにもならないことがある。

人生で上手くいくこと、縁があることというのは、障害が少なく、おまけに必要な努力も少ない。

おまけに、得られる結果が美味しいいいところどりばかり。

気楽に始めてみたけど、スイスイ物事が進んで、まるでレールに乗っているかのように快調だ。

スポンサーリンク

うまくいかないことはどう頑張ってもうまくいかない

しかし、頑張ってもどうにもならないこと、上手くいかないこと、縁がないことは、どれだけ頑張ろうと、得られる結果は小さく、満足度が著しく低い。

最初の段階からタイミングが合わなかったり、トラブルが続出したり、物事が滞りまくり、おまけに結果も満足できない。

不思議なことだが、人生、こんな感じで、結果については著しく不平等だ。

すなわち、現実の人生では「頑張れば報われる」という道徳が通じないことが多い気がする。

筆者も、自分の人生を振り返って、つくづくそのことを思う。

良い結果ほど楽しくて苦痛がない

上手くいくことはやる前から上手くいく予兆というか、「いい感じ」がして、頑張るのが苦痛でないし、日々続けていくことが自然にできる。

そして、それによって得られる結果も、人生において非常に重要な意味を与えてくれる。

しかし、ダメなことというのは、最初から問題が起こったりして、どうにも物事が上手く進んでいかない。

若い頃は、「ナニクソ!」とエンジンを吹かせて頑張ってみたものの、頑張ったわりに得られる結果は少ないし、はっきり言って努力が不毛に感じてしまった。

そんなことがあったので、最初から何かとトラブルが起こること。いい感じがしないこと。

それは「こんなことはやめとけ」というサインと思って、早期撤退することにした。

あきらめるとなぜかうまくいく

上手くいくことは自然と上手くいくし、上手くいくような流れができる。

でも、上手くいかないことは最初から詰まるので、その段階で損切りすればダメージが少ない。

こんなふうに考え出してから、やっても上手くいかないことに固執して、人生をムダにする時間がだいぶ減った。精神状態もすこぶる良い。

この考え方は仕事、人間関係、人生のあらゆるところで役に立っている。

人生、縁あるものは縁があるし、縁がないものはどうにもない。だから縁がないことが分かった段階で手放す。

そうすればダメージも小さいし、そのかわりに縁があるものがやってくる。そんな感じだ。

無理なことをやめる。その当たり前の感覚を

できることはできるしできないことはできない。

文字にすると当たり前のことだが、感情的なこだわりや執着があると、そのことを忘れてしまう。

そして、できないこと、縁がないことにムダにとらわれ、失敗してしまう。

できないことを頑張り続け、1年2年と時間を費やし、おまけに結果が最悪のときに負うダメージは大きい。

その1年2年の時間を別のことに使ったなら、人生は別の展開が待っていたはずだ。

だからこそ、できないこと、無理なこと、縁がないことは、早急に撤退すことが大切だ。

最後に

人生、時間を巻き戻すことはできない。

遣ったお金は取り戻せるかもしれない。しかし、費やした時間は決して戻ってこない。

人生で後悔する時間が長ければ長いほど、本来見つかるはずだったチャンス、幸せ、あらゆる善いものが、全て失われてしまう。

それを防ぐのは早め早めの決断だ。

「これは上手くいきそうにないな、ではさっさとやめるか」

そんな早めの決断が、将来の損失を防いでくれる。

決断の根拠となる証拠は自分の感覚が教えてくれる。それを決して見逃さず、自然に従う。

それが結局一番物事が上手くいく方法なのだろう。

あわせて読みたい

「いい感じ」がする方向へ進むと人生は上手くいく

タイミングが合わないものは無理に追わない

人生を後悔しない人の絶対的習慣