生きるに値する人生を生きる。それがこの世に生まれた意味

この世で美しく花開く人になる

人生はたった一度きり。

人生を生きる価値のあるものにするか。それとも不満だらけで後悔ばかりの人生にするか。

その決定的な違いはいかに自分が自覚的に自分の人生を歩むことができたかどうか。まさにその一点にかかっている。

スポンサーリンク

人生を生きる大前提

人生とはいわば、自分という名の物語。主人公は自分であり、自分の人生における最終的な結果責任は、他ならぬ自分が負うことになる。

何のために人生を生きるのか、そこには宗教的、スピリチャル的、実学的、いろんな模範解答はあるが、結局大切なのは自分が自分の人生に納得すること。

つまり、自分自身で無理なく自然に「この人生は生きる価値がある」と認めることができる人生を生きることが大切だ。

それは、人より成功しているとか、お金を持っているとか、有名になっているとか、そういうことで判断することではない。

自分がこの世においてすべきことをしているか。自分にとって自然で心が満足できる生き方をしているか。

すべてはそれによって、判断される。

この感覚が「正解」を教えてくれる

もしあなたが本来、あなたが生きるべき人生を生きているなら、あなたはきっと、毎日「いい感じ」を感じて、1日1日を過ごすことができる。

それは忙しい人生かもしれないし、そうでないかもしれない。

表面的な形がどうであれ、あなた自身、「自分の生き方はこれでいい」と、心から自然に安心感を感じることができる。

自分の人生に迷いがないだけでなく、毎朝目が覚めたとき、仮に何か悩みや問題を抱えていたとしても憂鬱で絶望的な気持ちにはならない。

無意識でその結末を知っているので、自分の人生を心から信頼し、前へ進んでいくことができる。

「何かが間違っている」という自分への警告

逆に、自分が自分の人生を生きていないとき。

そこにはいつも、焦りや不安、落ち着きのなさ。そして、「自分がいるべき場所はここではない」という疑問に苛まれる。

つまり、自分の人生なのに「これでいい」と心から満足できない。納得できない。その声は今無視して忘れることもできるが、人生の終盤。

「自分は自分の人生を生きることができなかった」という、後悔となって、雪崩のように襲ってくるだろう。

だからもしあなたが毎日目が覚めたとき憂鬱で、自分の人生が自分のものではないと感じるようであれば。

あなたが生きようと思っていた人生を生きていない可能性が高い。そのことに気がつけば、いつだって人生をやり直すことができる。

「正しい選択」は自分自身が知っている

自分が生きる価値がある人生を歩む。

そのために大切なのは、自分の心が納得できる道を探ることである。感覚的に安心できる。ワクワクする。

そういった、体感的な感覚を始め、いい感じや悪い感じといった、内側の直感。これらの指標を参考にして、より自分が納得できる選択を積み重ねていく。

これによって人生はまさに、生きるに値する価値ある人生となっていく。

それだけでなく、その人生を生きていけばやがて、自分の人生がここにあった意味。そして理由。それらを自然に理解することができる。

そう、すべては無意味ではなかった。経験してきたことにはすべて、意味があった。改めてそのことを、納得することができる。

最後に

人生は一度きり。

一度きりの人生を生きるに値する人生にするには忘れてはいけないのが、自分自身である。

自分は自分にとって、一番自然な生き方を知っている。そして、自分が最も幸せに、納得して生きていける道を見つけることができる。

そのことをまず、知ることである。

そうすれば、生きる意味だとか、自分がここにいる理由だとか、そういうことをもう2度と、考える必要はなくなる。

ただ目の前に見えているのは、これから真っ直ぐに歩む道。そしてその道は確かに、歩む価値がある道である。

自分が生きる意味は、他ならぬ自分が知っている。生きるに値する人生を生きるために大切なのは、ただそれを、思い出すだけでいいのだ。