新しい自分にはなれる。ただしそのためには

バリバリ活躍する女性

いいかい、君も私も過去はどうすることもできない。

もう過ぎ去ってしまったことだ。しかし、未来だったらいくらでも手を加えることができる。

昨日と同じ人間でいる必要などないのだ。

ジム・ローン

私たちはこの世の中に生まれ落ち、1年1年、「過去」という時間を着実に積み重ねていく存在である。

過去とは既に起こってしまったことであり、それを変えることは絶対に不可能である。

だから過去の出来事を悩んで心患うのは究極的な時間の無駄。

既に起こってしまったことはもう、何がどうだろうと、どうにもならないのである。

スポンサーリンク

新しい自分と出会うには

しかし。

今ここにいる自分。自分については昨日より今日。今日よりも明日。1日1日、自分の意思を持って、着実に変えていくことができる。

昨日の自分に不満でも、今日の自分に満足できる。そして明日の自分はもっともっと満足することできる。

私たちはそうやって、自分をよりよく変えていくことができる。これだけは、紛れもない事実である。

かりに年を取り、老化をしていくにしても。人生を適切に積み重ねていくことによって、前よりよりよい自分になることができる。

この意味で、未来はつねに希望がある。いつでも新しい自分になることができる。

未来はいつも真っ白だ

過ぎった過去はもうどうしもようもない。

だから過去の自分が許せなくても。どんな不幸があったとしても。それはそれで、蓋を閉じて忘れる努力をすることができる。

そして、過去よりももっと素晴らしい自分が存在する未来に向かって、歩み始めることができる。

だから人間は素晴らしい。人生は素晴らしい。

自分が心から強く決意したらならば、昨日と同じ自分でいる必要はない。未来に手を加えて、新しい自分を目指すことができる。

つまり未来は自分次第。明日の自分がどんな人間になっていくのか。その結果については、自分自身に責任があるのである。

出典

『ジム・ローンの億万長者製造法』(サンマーク出版、2007年)