幸福が見つかる人見つからない人

じっくり考え中。

「幸福」は、経験を重ね、ものの見方や考え方を広げていった人が感知できる。

「幸福」は、自分がよい状態であるという感覚をつねに失わずに、失望をコントロールできる人のそばにいる。

そして、状況や感情をコントロールできる人に「幸福」は宿る。

ジム・ローン

幸せとは状態である。

この意味で幸せな人とは、それを感じることができる人、自分の身近に幸せなことを探知できる人と言うことができる。

だから幸せを感じられない人は、今目の前に幸せがあってもそれに気づくことはないし、感じることができない。

そしてそれは今後、本人がそのことに気づかない限り、決して幸せを見つけることはできない。

スポンサーリンク

何を手に入れても幸せになれない理由は

今の目の前に幸せがある。にも関わらずそのことに気づくことができない。

その人は、自分の外側に幸せがあると信じている。そして、それを手に入れさえすれば、すべてがうまいき、人生がもっと豊かになると信じている。

確かに、何かを手に入れさえすれば自分はもっと幸せになれる。そう信じたいのも無理はない。

ところが、この手のタイプの人がある意味一番不幸な人と言える。何を手に入れても、どれだけ成功しても、決して幸せを実感することができない。

なぜなら、今目の前にある幸せすら感知することができないのだから。

何もなくても幸せに気づける

しかし、もとから幸せな体質な人は違う。

別にお金持ちでなくても、社会的に成功していなくても、異性にモテモテでなくても、客観的に見れば「何も持っていない」人でも、そんなことは関係ない。

なぜなら、自分が自分で「ここに幸せがある」と感じることができれば、それは確かにそこに存在している。

いいときも悪いときも、自分の人生はうまくいっている。幸せであると、感知することができる。

こんな人こそがこの世の中、最強の人であり、そして、最も幸福な人である。

出典

『ジム・ローンの億万長者製造法』(サンマーク出版、2007年)