結局、人は一人では幸せになれない

人のつながり

人は人とのつながりの中でしか、人は幸福になれない。結局、人間とは、一人では幸せになれないのである。

他者とのつながりこそ、幸せの源泉であり、その部分を育てることなく、いくら学力や技芸を磨いたところで、幸福な人生を手に入れるための役には立たないのである。

岡田尊司(精神科医)

「仕事も上手くいっているしお金もある。自分の人生は順調なはずだ。しかし心が空虚で、どうにも満たされない。幸せを感じられない・・・」

そんなときは一度、人とのつながりについて考えてみると良いかもしれない。

親との関係は良好か?本当に心を開いて話ができる友はいるか?「この人しかいない!」という絶対的な存在の恋人はいるか?仕事の人間関係は良好か?

自分と人との関わり方について見直してみる。そうすると、心の空虚さ、虚しさ、不幸せな気持ちが、実は寂しさに起因するものであることが分かる。

結局、人は人とのつながりの中でしか幸福を感じることができない。

誰かと関わることで、自分という存在が世界とつながり、それによって自分という存在を認識することができる。

つまり幸せの源泉とは他者とのつながりであり、それなくしては本当の幸せを見つけることはできない。

人生、仕事を頑張ることは大切だ。お金を稼ぐことも必要だ。健康に注意して、運動をすることも大切だ。資格を取ったり語学を学んでスキルアップするのもいいだろう。

しかし、何をするにせよ、人とのつながりだけは、決して疎かにしてはいけない。

仕事に失敗しても、貧乏になったとしても、最終的に人とのつながりさえあれば、最悪の不幸は避けられる。

逆に、仕事で成功しても、お金持ちになっても、人とのつながりがなければ、空虚で味気ない虚しいものになってしまう。

誰かとつながり誰かと生きる。それさえ忘れなければ、人生で何がどうなろうと、最終的には幸せになれるだろう。

出典

『誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体』(朝日文庫、2017年)