孤独が人を磨く。独りの時間を無駄にしてはいけない理由

白い服の女性

休日なのに誰とも遊ぶ人がいない。周りに信頼できる人がいなくて、どうにも居心地が悪い。

そんなときは自分を磨く絶好のチャンス。

今孤独で、独りきりの時間が長く続いているとしたら、それはすなわち、「今の独りの時間を大切にしなさい」という人生からのメッセージだ。

この独りの時期をどう過ごすか。それによって、これから先の人生が大きく変わってくる。

スポンサーリンク

孤独だからこそ、できることがある

自分なりの生き方を見つけた人は、人生のどこかの時期で、独りの時間を過ごしている。

そこで自己投資して自分を磨き、自分に必要なものを身につけたからこそ、その後の人生で成功を手にしている。

つまり、独りのときにしかできないことをした人が、自分の人生で必要なものを手に入れ、やがては望む人生を手に入れるのだ。

それは、孤独の時期にしかできないことだ。

周りに親しい人がいない。じっくり話ができる人がいない。将来の夢を語り合う人もいない。そういうときはどうしても自分の内側に目を向ける。

そこで独りきりの自分と向き合う。するとそれまでは気づかなかった自分の様々な思考に気づく。そして、自分の人生について、真剣に考え出す。

そこで得られた気づきは、とても価値が大きいものだ。だから孤独は絶対に必要であり、孤独であるなら、そこから逃げるのではなく、受け止めることが必要だ。

もちろん、ときに孤独を紛らわすのもいい。

しかし、せっかく今独りでいられるチャンスが与えられているのだから、その時期はその時期で、独りしかできないことに時間をじっくり使いたい。

独りになったときの自分が、最高の答えを教えてくれる

人生、独りのときしかできないことはたくさんある。

部屋に籠もり、自分の人生について考えるのもいい。本を買い漁ってひたすら読書するのもいい。旅に出て、新しい土地を歩いてみるのもいい。

周囲に気を遣う必要なく、自分と向き合い、真剣にこれからのことを考えることができる。そばに誰かがいれば、それは不可能である。

人生いつかは、独りの時期は終わり、人とのつながりが強制的に発生する。そうなれば、もはやじっくり独りでいられることも難しくなる。

だから孤独は避ける必要はない。寂しいなら寂しくていい。それでも独りでいることが、人生で必要な学びになる。

せっかくなのだから、とことん自分と向き合ってみよう。自分の人生について考えてみよう。

好きなことは何なのか?どんな人生を送ることができれば幸せなのか?今の仕事は満足しているか?本当に今の生き方でいいのか?どんな人と一緒に人生を生きていきたいか?

自分についてもっともっと、詳しくなろう。そして、自分のために、すべきことをしよう。それは、独りの時間があるからこそ、できることだ。

だから決して、独りの時間を無駄にしてはいけない。それは絶対、価値があるものなのだから。