自分の運命を自分自身の手で切り拓いていくこと

海に向かってYeah!!!

世の中にはとても臆病な人がいる。変化を恐れる人たちだ。

本当は世界はそれほど悪くない。でも日々の暮らしに慣れきった人たちは良くないこともなかなか変えられない。

だからあきらめる。でもあきらめたら負けなんだ。

トレバー

毎日同じように暮らし、同じように時間を過ごしていく。

今の暮らしが100%満足でき、「この暮らしがずっと続いて欲しい」と思うような生活であれば、何も変える必要はないかもしれない。

しかし、「今の暮らしはサイテーだ。こんな暮らしには我慢できない」と思ったら、自分から何かを変えていく必要がある。自分で変化を起こす必要がある。

それはもしかしたら勇気がいることなのかもしれない。だが変化を恐れていては何も変えることができない。

おまけに、変化することで今より状況が良くなるという保証はないかもしれない。

が、変化することで確実に何かが変わる。今までとは違う結果が生まれる。それこそが大事なことのだ。

自分が変化し、新しい行動を起こす。それによって新しい結果が得られる。例え結果が期待ハズレでも、行動することで今までとは違う結果が得られる。

そのことに気がつくことが大切で、実際問題は、結果はたいして重要ではない。

自分が動けば世界が変わる。それに気がつけば、あとは望む結果が得られるまで、あきらめず変化を起こし続けていけばいい。

それこそが人生を変えていくことであり、自分の運命を自分自身の手で切り拓いていくということなのだから。

出典

『ペイフォワード』(2001年)