結局人は自分にしかなれない。でもだからこそ、生きることに意味がある

夕日を眺める魅惑的な美女

自分の運命は自分で決めるの。与えられた天分を生かして。

ミセス・ガンプ(映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』の登場人物)

人にはそれぞれ、生まれつき与えられた天分がある。

自分に与えられた天分を発掘し、それを磨き、武器にして生きていく。それによって自らの運命を切り拓くことができる。

この意味で結局人は、自分にしかなれない。そして、そこに人生の意味がある。

だからどんなときも、自分自信を信じることだ。一体自分にどんな天分があるのか?自分には何ができて何ができないのか?

自分についてもっともっと理解を深め、自分の天分を見出していく。それは見つけようとさえすれば必ず見つかる。

それによって、自分がどう生きるべきなのか、何をすべきなのか、自分の運命も見えてくる。

それはもしかしたら簡単なことではないのかもしれない。散々探し回った挙句、ようやく見つけられるものなかもしれない。

しかし、探す価値はある。むしろ、そこにこそ人生の意味がある。

自分の与えられた天分に気づき、人生を自分自身の手で切り拓いていこう。そして、自分の運命を全うしよう。

出典

『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年)