努力はときに人を裏切る

立ち止まる

「ねばならない」の思考の人は、心のどこかで、人は努力すれば物事を思い通りにできる、良い結果が出せるという期待がある。

思い通りの良い結果にならないのは、努力が足りないせいだと考えてしまう。

だが、実際には、この世の中の出来事の大部分は、人知や人力によってはどうすることもできないことばかりだ。

自分の努力でなんとかしようとする人ほど、失望し、意気阻喪してしまいやすい。

むしろ生きるために必要なのは、努力してどうにかなるかどうかを、よく見極め、何とかしようとしても無駄なことには、あくせくしないということだ。

岡田尊司(精神科医)

欲しいものを手に入れる。したいことを実現する。

そのために、今自分ができること、すべきことをし、努力することは大切なことだ。

努力によって実現できる夢があるのも確かだし、努力することで、自分が前へ進んでいる、成長していることを実感できる。

この意味で、基本的に努力することは大切だし、努力することもなしに、欲しいもの、したいことができるようにはならない。

しかし注意したいのは、努力すれば何でも実現できる、自分の人生が努力次第でどうにでもなると考えないことだ。

というのは、努力は万能ではなくて、努力しても最初からどうにもならないこともあるからだ。

世の中、いくら頑張っても実現できないこと、努力が報われないことがたくさんある。努力することは大事だが、努力が報われないことがあることを知っておくことも大切だ。

だからこそ大切なのは、何を努力して、何を努力すべきでないか、それを見極めることだと思う。

努力して報われることは必死に努力する。努力してもどうにもならないことは努力する必要がないのだから、最初から放置&スルーでいい。

「これは無理そうだ」と思ったときは、「努力すれば何とかなる!」なんて考えず、「無理ものは無理」とさっさと諦めればいい。

その変わり、「これは頑張れば何とかなりそうだ」ということは、必死に食らいついて努力する。そんな割り切り、バランスが大切だ。

正直、報われない努力は辛い。人生を無駄にしてしまう。何より、努力するなら報われたい。それが正直なところだ。

頑張っても結果が出ないなら、誰も評価してくれないし、最悪「こいつは頑張っているくせにダメだな」と周りから無能の烙印を押されてしまう。

何も手に入れることができないし、世の中からはダメ扱いされる。いいことは何もない。だからこそ、根性論で努力しても仕方ない。

それより、頑張ることで何かが得られる、自分や周りにプラスになる、そういうことを必死で頑張った方が、合理的だし、気持ちいい。

あくせくせず、本当にやるべきことは何かを見極め、それに集中する方が、人生の効率は良いし、結果も出やすいし、いいことが多い。

頑張ること、それは素晴らしいことなのかもしれない。ただ、何をどう頑張るのか、頑張る意味はあるのか、そこだけはしっかり見極めたい。

する必要のない努力で人生を浪費しないために。

出典

『生きるための哲学』(河出文庫、2016年)