本当の意味で自分の人生を創り出す。そのために大切なのが

明日の自分は、もっとよくなる!

あなたが今日そこにいるのは、あなたの考え方がそこにあなたを連れてきたからだ。あなたが明日いるのも、あなたの考え方が連れていくところだろう。

ジェームズ・アレン

You are what you think. 人は自分が考えた通りの人生を送る。

例えばあなたは「明日仕事に行かなければいけない」と考える。当然、あなたは明日、実際に仕事に行くことになる。

これこそがまさに、人生の本質を表している。つまり、今あなたがここにいること。それは、昨日までのあなたが考えてきたことの結果である。

目の前にある「現実」という証拠

あなたはここにいるように考えてきた。だからあなたはここにいる。もしあなたが明日、どこどこへ行こうと考えるなら、明日あなたは考えたとおり、そこにいるだろう。

考えたことが自分を決める。人生を決める。これはあらゆる面で適応できる、いわば絶対法則のようなものである。だからこそ大切なのだ。あなたが何を考えるか、ということが。

この意味でもし運命を決定的に分かつ何かがあるとしたら。それは運でも何でもない。今あなたが何を考えるか?それこそが未来を示す答えである。

こうして未来は創られる!

考えたことは今すぐ結果になることと、ならないことがある。とくに、人生において大切なことは、今考えていたともしても、即座に実現することはない。

しかし。5年後10年後。人生を長い目で考えればそこには必ず、自分が考えてきたことが、現実に介在していることに気がつく。

だからこそYou are what you think.自分がどこに行きたいのか。どんな場所でどんな人生を送りたいのか。

それを真剣に考える価値は、十分すぎるほどある。そして、考えることこそがまさに、人生を創るということ。この意味で未来を生み出す責任は、自分自身にある。

最後に

自分の人生の責任は自分にある。なぜなら、人生とは自分が考えてきたことの結果だからである。

だからこそ誰か言いなりにならない、自分自身の人生。その在るべき姿について、真剣に考えてみよう。未来の自分のために、今、ここから。

それが本当の人生であり、最高の人生を生きる入り口なのだから。

出典

『自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング』(サンマーク出版、2017年)

あわせて読みたい

思考は現実化する。この意味で「何を考えるか」という自分の責任は重い

成功者とは「今やるべきことをやる」人である。

人生がうまくいくポジティブ思考とネガティブ思考の話