なぜ人生は自分が考えたとおりになるのか?

陰のある美女

自分が現実だと思うものが現実だ。

ロバート・キヨサキ

ある1つの出来事があるとする。

Aさんはそれを不運と捉え、Bさんはそれを幸運と捉える。人の感じ方、物事の捉え方は千差万別だ。

なぜか?

それは、人はそれぞれ、自分というフィルターを通して世界と向き合っているからだ。

スポンサーリンク

人生が「自分次第」である意味

自分の考え方、感じ方、価値観、思想、これらがフィルターの正体だ。フィルターを通したものがその人の現実であり、真実になる。

「私は○○ができない」

とあなたは考えるとする。それがあなたの考える現実なら、そのような結果になるだろう。

だが、もしここで

「私は○○ができる」

と考えたら、それを可能にする手段が見えてくる。そして実際問題、「○○できる」ようになる。ここに人生の面白さがある。

こうして人生は考えた通りになる!

自分が「ムリ」と思っているうちは、それは真実であり続ける。だから実現の手段は見えてこない。

しかし、自分には「できる」と信じて実現の可能性を信じていれば、実現の手段が見えてくる。これは本当に不思議なことだ。

もちろん、今すぐ「ムリ」が「できる」ようになるわけではない。それにはケース・バイ・ケース。「できる」ようになるまでに時間がかかる。

このさい、自分をあきらめず「できる」と信じ続けていれば。まさしく、この世界は「自分が現実だと思うことが現実になる」のである。

最後に

「人生が自分次第」というのはこの世で確かな真実である。

なぜなら人生の大部分は結局長い目で見ると、自分が考えた通りに進んでいくからである。

自分に不都合な不幸な人生ばかりを描き続けていれば、実際に人生はそうなってしまう。しかし、自分に都合の良い最高の人生を常に描き続けていれば。

1年や3年でその違いは分からない。しかし10年後20年後30年後。まさに、その意味を実感することができるだろう。

出典

『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』(筑摩書房、2003年)

あわせて読みたい

「夢は叶う」と心から信じてまっすぐ突き進む。すると夢は思わぬカタチで実現する!

「したい」と思うことは実現できる。その仕組さえ理解していれば

運をつかんで敗者復活を実現する絶対条件