人生先が見えないときに意識したいただ一つのこと

そこに光はたしかにある。

「これから先、どう生きていけばいいのか分からない・・・」

「やることなすことうまくいかない。一体どうすればいいのか・・・」

「将来のことを考えると不安。これから自分の人生はどうなってしまうのだろう・・・」

控えめに言っても、生きることは不安なことの連続である。

昨日までは素晴らしく人生がうまくいっていた。しかし、今日になって突如人生に逆風が吹き、一歩先すら見通せない。

リアルに「一寸先は闇」を経験するのが人生というものである。

だからこそ大切なのは、人生先が見えなくなってしまったとき。自分の心を整えて、一歩一歩、自分の人生を歩んでいくことである。

はじめに

人生先が見えずに不安を感じたとき、どうやって自分の心を整えていけばいいのか。何を希望の光にして、人生を歩んでいけばいいのか。

まず知っておきたいことは、「先が見えないときは先を見通す必要はない」ということである。

人生先が見えないとき。

それは自分がまるで霧のなかにいて、自分がどこに向かえばいいのか。歩いてはいるけれど、正しい方向へ進んでいるのか分からない。

そういう状況である。

ただ足元を見る

このような状況において大切なのは、遠く前を見て歩いていくことではない。

むしろ遠くを見るのではなく、自分の足元をじっと見据えて、一歩一歩、ゆっくりと歩みを進めていくことである。

前はきりがかかって見えないかもしれないが、自分の足元だけは、しっかり確認することができる。

だから自分が一歩一歩歩みを進めていく。その足元だけをしっかり見て、何かにつまづかないよう、注意することである。

ぜったいに、焦らない。

一歩一歩足元を見て丁寧に歩んでいけば、きりは最善のタイミングでスッキリと晴れる。

軽やかに走り出すはそれからで十分。

前すらハッキリ見えないのに、走り出してしまっては、何かにつまづいて転んでしまう。最悪怪我をしてしまうかもしれない。

だから焦る必要はない。

ただ自分の足元だけを見て、ゆっくり。焦らず。現状を無理に変えようとせず、進んでいけばいい。

「今できること」にすべてを集中する

一歩一歩前へ進んでいくことは、今、自分ができる限りのことを、できる限りのちからで丁寧にやっていくことである。

別に無理に、新しい何かを始める必要などない。

仕事でも人間関係でも。今自分が持っているもの。与えられているものを大切にして、丁寧に向き合っていく。

人生先が見えないときは、そんな地道な努力が必要なときである。だからこそ、忍耐力が必要なのかもしれない。

先が見えずに不安を感じる意義

未来を描けないときは、無理に描かなくてもいい。

この先が不安なら、その不安な気持ちを、決して否定してはいけない。なぜならそこに不安な気持ちがあること。

それ自体が実は、自分にとって重要な、メッセージの一つだからである。

不安を否定してしまえば、それは影となっていつも自分の心につきまとうが、不安を素直に認めて受け入れれば。

そこから何かに気づくことができる。それは今後において、必要な何かである。

最後に

目の前にきりがかかって、前がよく見えない。自分の歩みがどこへ向かっているかは分からない。

それでも、足元をしっかり見て一歩一歩、ゆっくり歩く。そうすればやがて、きりも晴れ、目の前には新しい景色が広がっていく。

だからこそ転ばないために。今必要なのは足元をしっかり見ることである。

人と比べなくていい。自分の人生は自分のタイミングがある。一歩一歩足元だけを見て、しっかり、しかしゆっくりと。

歩いていこう。

そこに光はたしかにある。
Follow Me