健康とは言わば、人生を楽しむ土台である。

私は超元気!

健康であること。体が疲れにくいこと。自由に動けること。その当たり前のように思えることは当たり前のことではない。

健康の大切さは失って気づく。だからこそ人生の質を維持するために。自分の体を、最大限気を遣う。

スポンサーリンク

健康であること=人生の楽しむ前提

旅行に出かけること。面白いゲームにはまって、一晩中ゲームコントローラーをいじること。本を手に取り、読み続けること。走って体を動かすこと。

いろんなことをすることで、私達は人生を楽しみ、この世の楽しみを味わうことができる。

しかし、もし、私達の体が不自由で不健康だったら?

体がだるく、何もする気にならない。少し歩けば息がきれ、体が重い。映画を観るにもゲームをするにも、すぐに目が痛くなり、気分が悪くなる。

このような具合に、当たり前に楽しんでいたことが、全く楽しめなくなってしまう

できることが減っていく苦しみ

今まで楽しんでしていたことができなくなってしまう。楽しんでいた運動も、体がだるく続けられない。何をするにもだるくて、動けない・・・。これほど苦しいことはない。

人生の中、できることができなくなり、まるで自分の人生が、無意味で苦しみだけのように思えてくる。

健康こそすべて基本。言葉にするとシンプルですが、健康ほど大切なことはないだろう。

いくら、一生生きていけるだけ、欲しいものが何でも買える巨富があったとしても、体が動かせない、何をしてもすぐに疲れてしまうようだと、肝心のお金も、使いようがない。

だからこそ、人生を思う存分楽しむため、健康を維持する必要がある。

できることはシンプルなことから

体を動かすこと。不摂生な食事を避けること。ジムにトレーニングにいったり、お金をかけなくても、健康を維持するためにできることはたくさんある。

むしろ、シンプルで簡単にできることの方が、健康を維持するためには大切だ。

体は、一度体力が落ちると大変。体力がないと気力が衰え、何をするのも億劫に、めんどくさくなってしまいがちだからだ。

「めんどくさい、動きたくない・・・」という気持ちに打ち勝ち、毎日、歩いたり、体を動かす。こうすることで、少しずつ体力を回復させるための準備が整っていく。

筆者は、健康を維持する目的で、毎日30分以上、意識的に歩くことを日課としている。

一時期、運動を全くしなかった時期があったが、体重は増え、少しのことで体が疲れてしまい、まいってしまっていた。

この経験から、運動をすること、健康を維持して体力をつけることの大切さを実感した。

人生を楽しむには、健康と体力。健康であり、体力があるからこそ、したいこともでき、苦しいときも頑張れる

当たり前のことだからこそ、忘れたくないものだ。

あわせて読みたい

「実年齢」より老けない自分になる生き方

体を壊すような生活はそもそもが間違っている話

【エナジーバンパイア】世の中には人から元気を奪う人がいる話