人生は「ほんの小さな勇気」で変わる話

一歩踏み出せない女性

人生を変えるのは行動である。

ただ何かが起こるのを待っているだけでは、決して人生は変わらない。そして何より面白いのは、人生はほんの小さな行動によってガラリと未来が変わってしまうという事実である。

つまり行動したかしなかったか。それが文字通り、あなたの運命を左右する。

やるかやらないか、たったそれだけで

例えば、あなたがいつも通うカフェに、気になる人がいるとする。

そこであなたには2つのチョイスがある。「この人は気になる」とただ思うだけで何も行動を起こさないか、それとも何らかの行動を起こすか。2つに1つである。

あなたがただ相手を遠くから見ているだけで何も行動を起こさなければ、その先に何かが起こることはない。その人とは「赤の他人」のままで終わるだろう。

しかしあなたが勇気を持って何らかのアクションを起こしたら。それから先、何かが変わる可能性がある。出会いというのはそういうものである。

もちろん、現実的にあなたが期待する結果にならない可能性は十分にある。

ただしここで問題なのは、あなたが受け身ではなく自ら行動を起こすことがきっかけとなって、あなたとその人の間で何らかのご縁ができる可能性がある、という話である。

失敗を気にする必要はない

自分から行動を起こすことはリスクを伴う。

知らない人に声をかけることは勇気がいることだし、最悪を考えるなら「不審者」扱いされることで、あなたは不快な思いをする可能性もある。

ただしここであなたが意識したいのは「だからどうした?」ということである。なぜなら人生は「する後悔」より「しない後悔」。行動すべきときに行動しなかった後悔は、延々と心の中に残り続ける。

それに、もしあなたの行動が失敗したからといって実際の話、それが何の問題になるだろう?

行動を起こして上手くいかなかったとしても、実質的に失うものは何一つない。でも上手くいったときは確実に人生に変化が起こる。

もちろん失敗して恥ずかしい思いをしたり、多少は後悔するかもしれない。しかし長い目でみればそれは本当に些末な話である。やがては忘れ去られる英雄譚である。

この意味で、やるかやらないか。たったそれだけの違いによって、未来が分岐する可能性は十分にある。それは「行動しなければ出現しなかった未来」である。

だからこそ人生を変えるために必要なのはいつも、ほんの少しの勇気なのである。

人生の傍観者にならないために

思ったことをやってみる。行動すべきときに行動を起こす。

ほんの小さな行動でさえ、それは人生において劇的な変化をもたらす。だからこそ人生で成功する人は必ず行動する人である。

行動しない人、それは自分の人生という舞台を、観客席から眺めているようなものだ。自ら主役の座から降りてしまっているようなものだ。

もし人生を変えたいと思うなら、いつまでも観客性で傍観者となっていてはいけない。自分の人生の主役は自分自身である。それを思い出すには、自ら行動を起こす人になることである。

ただ待っているだけでは、何一つ変わらない。そして人生で年をとったあと、「もっと行動しておけば良かった」と後悔するのがお約束である。

そうならないためにも、行動を起こすことである。気になること、ピンと来たこと。ともかくやってみるのだ。そのためには、ほんの小さな勇気があればいい。

行動を起こすのは不安も伴う。しかしその不安の先にこそ人生が変わる瞬間が待っている。つまりあなたのその行動によって未来が変わる可能性がある、という話である。

あわせて読みたい

結局人生で成功したければ、行動が全てである。

人生を変えるのは行動。しかし不安から行動しても

小さな行動を見ればその人の人間性が分かる話