人生でツイてないことが続くときはこう考える

ツイてない男

「最近ツイてない」

「イヤなことが重なる・・・」

「今日もミス。もうダメだ・・・」

そんなときに知っておきたいこと。

スポンサーリンク

ツイてないときをいかに乗り切るか

月曜日の朝。

朝起きたら頭痛。「出社しなきゃ・・・」と何とか支度。最寄りの駅へ。しかし、電車が遅延。会社に遅刻しそうになる。

火曜日の夕方。

犬の散歩で出かけたら道路を猛スピードで走る車が。「危ない!」と思ったら車がこちらの前に止まり、運転手から「どけ!バカ!」という暴言を受ける。

木曜日。

仕事の終わり、久々昔の友人と飲みに行く。楽しい時間を過ごしたのち帰宅する。グッスリ眠ろうとしたら体から急激な悪寒と震え。

金曜日。

高熱を出し1日寝こむ。土曜日になっても熱が止まらず1日布団の中。

日曜日。

熱は下がったと思ったら、今度はお腹を下す。何も食べられない・・・。

人生には、なぜかこのように悪いことが続くときがある。

「運が悪い」としかいいようのない、ツイてない時期があって、そういうときは、ことさら自分の不運を嘆きたくなる。

栄枯盛衰、万物流転、昔の偉い人はいろいろなことを言ったが、状況は絶えず変わっている。

何もない穏やかな平和な時期や、いろいろな人生の転機が訪れる不安定な時期。やることなすこと上手くいかないツイてない時期。

人生の運気は、春夏秋冬のように、絶え間なく変化している。

底にいるときにこそ

人生の「底」、運の悪いときというのは、本当にしんどいものだ。それは、その時期を経験しているものにしか分からない経験だ。

もしも、

「今月は全然ダメだ・・・」

「何をやっても裏目にでる・・・」

という時期にいるときには、次のことを覚えておくといい。

あなたは歯医者にいる。

これから虫歯を削るために治療のイスに座っている。そこに歯医者さんが、歯を削る工具を持って、あなたのヨコに座る。

すると、工具は「キュイ―ン」という甲高い電子音を上げて、あなたの口に近づいてくる。

しばらくすると、歯に工具が当たる感触がし、歯がガリガリ削られていく。そのときはとても不快で、「はやく終わってくれ・・・」と祈るばかりだ。

イヤな気持ちはするが、辛い時間はやがて過ぎ去る。それだけは確かだ。

運の悪いときというのもこの歯医者の治療と同じようなもの。やがては終わる。

辛い時というのは、その辛い時間が、いつまでも永遠に続くかのように思えてしまうが、刻一刻、時間は過ぎ去り変化し続けている。

「物事は変化する」ということを忘れずにいれば、日付、年月が変わるとともに、状況が変わっていくことに気がつく

「最近はどうもおかしい」

「何をやっても上手くいかない」

「オレはダメなのか・・・」

と思うくらい大変なときは、この歯医者の話を思い出してみるといいかもしれない。

今、あなたの歯はガリガリ削られていて、とてもイヤな思いがしているかもしれない。しかし、それはやがて終わるのだ。

困ったことは起こらない

それともう1つ知っておきたいのは、運が悪い時期が続いたあとは必ず運が好転する、という朗報だ。

不運のあとには幸運があり、幸運のあとには不運がある。このように運は循環し、絶えず流れていく。

この意味で、不運のときというのはある意味チャンスである。そこにこそ、幸運の芽となるヒントを見つけることができるからだ。

だから、悪運が過ぎ去るのをじっと待っているのもいいが、ツイてない体験を無駄にしないために、じっと状況を見つめてみよう。

今自分は何ができるのか。ここから何に気づく必要があるのか。そうすれば綺麗事抜きに、不運はまさに幸運につながっていることが実感できる。

この意味で人生、本当に困ったことは起こらない。むしろ、起こる必要があるからこそ起こっている。

そのことに気づくことができるだろう。

最後に

ツイてないとき。悪いことが続くとき。このときはやはり不幸な気持ちがする。人生が楽しくない。それは仕方がない。

しかし幸い、どんな不運も必ず終わる。そして、不運のなかにこそ実は、人生が飛躍し幸福になるためのヒントが隠されている。

この意味で、不運は決してあなたを痛めつけるためだけのものではない。

ツイてない状況から必要な気づきを得ることこそがまさに、不運を味わう意味であり、存在理由である。

それに気づけば、ツキはまた巡ってくる。

不運のときは、腐らず焦らず自分ができることを続けていけばいい。必要なことに気づいて、前へ進めばいい。

そして気がつけば状況は変わっている。運とはそういうものである。

あわせて読みたい

本当の意味で「運がいい」ということ

運勢は自分で切り開けない。なぜなら運勢は

日々の笑顔が開運の秘訣。ニッコリすると開運できる理由