「置かれた場所」で輝けないときの対処法

勝利

どんな人生を歩んでいる人でも、裕福でも貧乏でも、頭が良くても教育を受けていなくても、強壮な人も体に生涯がある人も、雄弁な人も内気な人も、ビジネスで成功をおさめることができる。

自分がどんな才能を持っているのかを理解し、その才能に全幅の信頼を置くこと。これが成功の秘訣だ。

アラン・タウンズ

「適材適所」という言葉がある。

「人はそれぞれ持ち味があり、それを活かせる場所がある」というのがその考え方で、これは個人においても、組織においても、肝に命じておきたい言葉である。

というのは、自分の能力を生かせる場所があるということは逆に、自分の能力を生かせない場所もあるということ。

それはすなわち、能力を生かせない地位や仕事をしている限り、人は本来の力を生かせないということを意味する。

スポンサーリンク

置かれた場所で輝けない理由

「置かれた場所で全力を尽くし、そこで輝け!」

という考え方もあるが、それは社会が安定している状況においては確かに、大切な心得である。

自分に向いてない仕事でもクビにならない。勤め上げればそれなりに美味しい見返りがある。それならわざわざ、他に自分が輝ける場所を探す必要などない。

しかしあいにく、今はそんな時代ではない。

現代のように、いつ仕事を失うか分からない変化の時代においては、自分が輝けない場所に固執することはリスクが高すぎる。

置かれた場所で頑張ろうとして、自分の良さを発揮できないまま、人生をダメにしてしまう危険がある。

リストラされて、置かれた場所で頑張ろうにも、それさえできないことだってあるのである。

現実的に自分を生かす場所を見つける

人はそれぞれ、能力に違いがある。

苦手なことを努力して補うことはできるかもしれないが、もとから得意な人には勝つことは難しい。

能力がないところでいくら頑張ったとしても、出せる結果は知れている。せいぜい、できる人との圧倒的な差に気づかされるくらいである。

人生、自分にとって都合の良い奇跡はそう起きない。

それならば最初から、自分が結果を出せること、強みを活かせることに集中したほうが、結果も出しやすいし、気分もいい。

ムリなことはムリ。

人には能力の違いがあるという現実を見据え、自分がスイスイできること、やっていて苦痛ではないことを探すことだ。

苦手な場所で成功しようとはしないことだ。自分が勝てる場所を見つけ、そこを死守するのだ。

その場所こそが自分がいるべき本当の場所なのだ。

最後に

自分は自分が輝くための、最高の環境を探す権利がある。

それは他人から押し付けられるものではなく、自分自身の魂が、「ここが自分の居場所である」と確信できる場所である。

人にはそれぞれ、生きていくにふさわしい場所がある。だから「この場所にはいたくない」という思いを無視することは、自分の運命に反逆するに等しい。

だからもっともっと、自分に正直に生きていい。それこそスバリ、「置かれた場所」で輝くために、本当に必要なことなのだから。

出典

『その他大勢から抜け出すただ1つの方法』(きこ書房、2012年)

あわせて読みたい

なぜ環境選びを絶対に妥協してはいけないのか?

環境に適応できない者はやがて滅ぶ

恵まれない環境で育った意味と強み