「今」を前提に未来を考えない。いつか必ず逆風は吹き始めるから

ソリチュードスタンディング

人生は長い。

いつも先を見続けることはできないが、現実はつねに移ろう。5年先10年先のことを見据えて、未来に向けて種をまいておくことが大切である。

特に今、人生の好循環を迎えているときはなおさらである。

はじめに

まず結論を簡潔に書く。

あなたは今後自分が今のままでいれば、この先の人生が厳しくなることを予感している。確かにそれは間違ってはいないと思う。

今はいいかもしれない。あなたはまだ若く、様々な試行錯誤ができる。多少他の人の対してあなたの人気や魅力を盾にし失礼な態度をとっても、今は「若気の至り」で許してもらえるだろう。

でもあなたは自分で気づいているように、そのままではいけない。あなたが自分の価値を過大に評価し周囲に対して傲慢な態度を取り続けていれば、あなたのまわりにいる人達はやがてあなたのそばからいなくなる。

あなたのまわりにいる人達がなぜあなたのまわりにいるのか?そこを勘違いしてしまうと、「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉通りあなたの予想は現実になるだろう。

だからまだあなたの人生が好調なうちに、好調な現実に感謝し自我を肥大化を抑えつつ、5年後10年後にどのような日々を送っていたいか?冷静に考えることをおすすめしたい。

準備できるうちに準備をしておく

あなたの場合、大きなアドバンテージは十分に得たはずだ。

同年代の人たちよりお金もあるし、時間も作ろうと思えば作ることができる。しかしそれは、今だからこそであって、同じ方法でこれから先やっていくことが難しいのはあなたの考えるとおり。

だから今考える必要があるのは、あなたが今手にしているものをムダに使うのではなく、5年後10年後に役立つものに使うのだ。そして、「あなたが持っているもの」を目当てに近くにいる人や「あなたを利用しようとする人」には注意すること!

あなたは一体どんな暮らしがしたいのか?あなたのどんなところにまわりの人は魅力を感じているのか?それをどのように活かせばあなたの人生がより輝くのか?好調なうちに考えておき、今からできることを始めよう。

傲慢にならないこと!

少し厳しい話をすると、あなたがこのまま何もせず、今と同じようなことを繰り返しているなら、あなたはだんだんと動けなくなっていくだろう。

人生には好調な時期と不調な時期、波があるものだけれども、好調な時期に不調な時期を見据えて準備をしておくことで、不調な時期の「マイナス」をできるかぎり小さくすることができる。

しかし好調な時期、その好調が延々と続くと思っていると、不調な時期がやって来たとき、悪循環にはまり込んでしまう。特に、あなたがまわりに対して傲慢になってしまった場合の反動は大きいから注意することだ。

私自身、傲慢になってしまったゆえに「あっ」という間に周囲から見捨てられた人を間近で見てきたから、なおさらこれは強く思う。逆風が吹き始めたとたん、まわりから人が急速に離れていくのだ。

最後に

あなたが今いる状況は決して当たり前のことではない。

あなた自身の魅力や能力は当然ある。だがそれに加えて、運やまわりの誰かがあなたを支えていることを忘れないでほしい。くれぐれも傲慢になってはいけない。今あなたを支えようとしてくれる人に対して無礼になってはいけない。

個人的には、あなたが自分のことは知ろうとすることはもちろん、「人を見る目」を磨くことをおすすめしたい。

誰が本当にあなたのことを大切に思ってくれる人なのか?誰が自分の目的のためにあなたに近づいてきた人なのか?何をベースにしてつながっている人なのか?じっくり、まわりの人を見てみることをおすすめしたい。

本当につくづく思うのだが、人とのつながりは本当に大切である。思わぬ人に助けられるのがこの世界の現実である。与えられた縁をすべてを平等に大切にする必要はないが、大切なご縁は確かにあるのだ。

ぜひそれを大切にしてほしいと思う。

ここまで読んだあなたにおすすめ

自分はまだまだ。その謙虚な気持ちを持つことが