「今できることを今する」という習慣

考え中

人生誰もが唯一平等なのは時間である。

1日24時間、お金持ちだろうが貧乏人だろうが、誰もが時間だけは、平等に与えられている。

その時間をどのように使うか、ということが結局は、どのような人生を送るか、ということに直結してくる。

そのため、時間を無駄にするかしないか、その差は人生において果てしなく大きい。

時間を無駄にする人は人生を無駄にする。時間を大切に使う人は人生を大切に作り上げていくことができる。

時間は積み重ねなので、気づいたときには、もう二度と、取り戻すことはできない。

スポンサーリンク

時間を無駄にしない=人生を無駄にしない

時間を無駄にしないために大切なのはまず、今できることを今することである。

目の前のこと。今やる必要があること。それらを先送りせず、今すぐさっさと済ませてしまう。

この習慣によって、貴重な時間を無駄にせず、そのときそのとき、人生で必要なことを効率的に片付けていくことができる。

逆に、今できることを先送りしていると、どんどんやることが増えていく。そして結局、何一つ片付けることができないほど状況は混沌としてくる。

その結果、時間をどんどん失っていき、自分の人生で大切なことに時間を使えなくなってしまう。

だから最終的には人生までも、無駄にしてしまう危険がある。

今できることを今すること

それを避ける方法はシンプルだ。

すなわち、今できることを今さっさと片付けてしまう、ということ。

あれこれ考えず、今必要なこと。やるべきこと。目の前のこと。それに今すぐ取り組む。そうすれば、あとは流れに乗っていくだけ。

どんどん効果的に目の前のことを処理できる習慣が身についていく。すると、不思議なことに、ますます自分のために使える自由な時間ができていく。

それを自己投資なり、好きなことに使うことで、ますます人生が充実する。これが時間を無駄にせず、人生を豊かにする人の特徴である。

失った時間は決して取り戻せない

時間はどんどん流れていく。

ときにぼーっとするのも悪くないが、もし今やるべきことがあるとしたら、それは先送りせずに、今すぐ片付けてしまおう。

人生そのときどきでやるべきことをきちんと片付けさえすれば、時間を浪費することはない。時間を無駄にしなければ人生も無駄にならない。

だから最終的に人生もうまくいくようになっている。

今できることを今すぐやる。たったそれだけで、人生は驚くほど、スッキリ豊かになっていく。人生は一度きり。一度きりの人生を、決して無駄にしてはいけない。