「必要がないもの」は手に入らない法則

白い服の美しい女性

人生には、「これは欲しい!手に入れたい!」と頭では思いつつも、なかなか手に入らないものがある。

自己啓発等の本では、「欲しいと思うことは手に入れることができる」と言われているが、ここでは一つ、別の見方を提示する。

これを読めば、あなたもそれを手に入れることに執着しなくなるかもしれない。

はじめに

まず結論から。

欲しいと思っているけれど結果的に手に入れることができないもの。それは、本当はほしくないもの、もしくは自分にとって必要ではないものである。

意識の上ではそれが欲しいと思っている。しかし、無意識では、それを本当に欲しいとは思っていないのである。

だからあなたは「意識」的には「私はそれが欲しい。手に入れたい」と考えているのだが、実際にそれを手に入れようとするとなぜか問題が起こるという、不思議な経験をするだろう。

本心は絶対にウソをつかない

たとえばこんな話がある。

ある男がある女性に熱烈な恋をした。しかし男が恋に落ちたその後、相手の女性には複雑な事情があることを告げられた。

それは男が「一緒になろう」と素直に言うことをためらうような現実で、何度も逢瀬を重ね女性への情は深まっていくものの、男はあと一歩、踏ん切りがつかない状況だった。

そんなとき男は女性のとある言動に腹を立てて、女性とそれっきりになってしまい、熱烈な恋は唐突に終わりを迎えた。

その後男はなぜその関係がうまくいかなかったのか?振り返った結果、本当の原因に気づいたのである。

それは本当に欲しいものなのか

意識はしばしばウソをつく。すなわち、意識で思っていることと、本心から思っていることは、全く別物であることが少ない。

人は自分にとって本当に必要なこと。心から欲しいと思っていること。それに対しては、迷うことなくそれを手に入れるための行動ができるようになっている。

自分にとって本当に必要なものを手に入れようとする過程では、驚くほどその道程は順調である。障害が起こってもそれを乗り越えるための手段が用意されるため、迷わない。

本当に不思議なことである。

「行動しない」がすべての答え

「仕事をやめたい」と思っているのに、まだ転職活動を始めていない。「買いたい」と思っているものがあるけど、それを買おうと出かけない。「痩せたい」と思っていても痩せられないで、スイーツを食べてしまう。

その理由は、本当に心から、そう思っていないからである。

意識では「したい」「欲しい」と思っているかもしれない。しかし無意識はそう思ってはいない。だからしたいことを実現するための行動ができない。だから手に入らない。それは別に悪いことではない。

本心は常に、自分にとって「正しい」からである。

最後に

人生、自分にとって本当に必要なもの。大切なもの。心から手に入れたいと思うものは手に入るようになっている。

しかし、どれだけ意識の上で「欲しい!」と願ってもどうしても手に入れることができないものがあるならば。もしかしたらそれは、本当にあなたが欲しいものではないかもしれない。

「手に入らない」という結果をネガティブに考えず、むしろ、なぜ手に入らないのか。その本当の理由を一人静かに考えてみる。

すると、手に入らないことが実は、自分にとってプラスであることに気づくかもしれない。

意識では「したい」と思っていることができないこと。「欲しい」と思っていても手に入らないもの。それにはそれなりの、理由が隠されているのである。

ここまで読んだあなたにおすすめ

そっちへ進んではいけない?人生で間違った方向へ進んだときに現れるサインとは