自分自分を見失わない。最高の人生を生きるために

人生を楽しむ女性

良い意味でも悪い意味でも、自分は自分にしかなれない。

結局は人はそれぞれの人生で、自分という限られた環境のなかで、最大限のベストを尽くすほかない。

だからこそ大切なのはどんなときも自分らしさを見失わないこと。自分は自分、人は人で、自分にとっての最善を目指していく。

スポンサーリンク

「自分らしくない」ことをする無意味

人生でつまづいたとき、よくやってしまう過ちが、自分を見失い、自分以外の誰かになろうとしてしまうことである。

自分を消して他人色に染まる。

それで一時的にうまくいくことはあるが、つねに「どこかおかしい」という違和感を拭い去れない。

だから自分を捨てて別の誰かになったとしても。決して幸福にはなれないし、心から「これでよかった」と納得できない。

自分にとって本当に大切なこと

自分は自分にとって、一番良い在り方を知っている。大切なのは、素直にそのこころの声に、耳を傾けることである。

自分らしく在るために正しいことは、ワクワクや喜び。安心感といった感覚が教えてくれる。

一方、自分らしくない在り方はつねに違和感や、疑問に疑念、モヤモヤがつきまとう。

だからときに、今の自分はこれでいいのか?自分で自分が進んでいく道を見つめ直したい。

自分は自分、人は人

人生は他の誰かと比べるものではない。

生きる目的。この人生で成すべきこと。人には人の人生があり、それは自分の人生とは違うものである。

それなのに、

「あの人はこうだから自分は」

とわざわざ比べることそれ自体が、意味がないどころか人生に不幸を招く。

だから人生がうまくいかなくなり、どうにもこうにもならないときはこう自分に問いかけたい。

「今、自分は自分を見失っていないだろうか?」

最後に

もし今の自分が自分らしくないのなら。それは不幸感や閉塞感といった形で、人生が教えてくれる。

「今の自分は自分らしくない」

それに気づいたら、今一度問い直す。

「一体自分は何者なのか。本来の自分は、どんな自分なのか?」

ここに、人生がうまくいくカギが隠されている。

あわせて読みたい

進むことになった道が正しい道。人生で迷ったときのこんな考え方

なりたい自分になれなければ、人生は失敗なのか

なりたい自分になることを、かんたんにあきらめるな