最良のときはいつもこれからやって来る。そう信じている限り人生は

希望の光を信じる

人生は山あり谷あり。

生きていれば思い通りにいかないこと。がたくさんある。

しかしどんなときでも意識したいのが、The best is yet to be.「最良のときはこれから」という考え方である。

スポンサーリンク

はじめに

人生大切なのは、「先はきっと良くなる」という希望の火を、常に心のなかで絶やさないことである。

目の前の状況がどれほど絶望的だったとしても、これから先は大丈夫。良いことがあると信じることができるならば。

どんな絶望だって乗り越えていくことができる。

しかし、この先何の希望もない。人生が逆転できる見込みがない。希望が見えない絶望に心が沈んでしまうなら。

なんとかなることだって、なんとかならなくなってしまう。

希望を持つ本当の意味

だからこそ大切なのは、今がたとえどんな状況だったとしても。

これからはきっと良くなる。まだ、自分の人生は最高のときを迎えていない。すなわち、最良のときはこれからやって来る。

そう信じることである。これこそがまさに、心のなかに希望の火を灯すということ。

希望の火が灯っているかぎり、未来に希望を持つことができる。だから結果的に、どんな苦境も乗り越えることができる。

きっとよくなる、もっとよくなる!

昨日よりは今日。そして今日よりは明日。

この先はきっといいことがやって来る。まだまだ自分の人生はこれからだ。

その気持ちこそが長い人生を、絶望することなく歩んでいくための大切な心がまえである。

別に、最悪のことが起こったとき、無理に明るくなる必要はない。目の前のどん底に嘆き、苦しんでもいい。

ただ忘れてはいけないのは、最高のときはこれからやって来る、ということ。

すべての苦難。すべての不運は、これからやって来る最高のときのためのお膳立てにすぎない。

最後に

人生は最悪のときがあるからこそ、最良のときを最高の気持ちで味わうことができる。

最悪のときを乗り越えるためには、人生は常にThe best is yet to be. 心に希望の火を灯し、人生を生きていくことが大切である。

「なんとかなるさ」と希望を信じている限り、実際になんとかなる。そういうものなのだから。

あわせて読みたい

希望とは「最後の最後にはうまくいく」という信念である

何が起ころうと自分の人生を信頼する。それが希望を信じるということ

不幸続きの人生でも希望を捨ててはいけないただ一つの理由