何があろうと絶対に幸せになる。そう覚悟した瞬間に

幸せになる決意をした女性

不幸は、湧いてくる「感情」だけど、幸せは自分の「意思」なんだよ。

斎藤一人

「幸せは歩いてこない。だから歩いていくんだよ」

この話が本当かどうかは分からないが、幸せになるためにただ1つ、確かなことがある。

それは、人生何はともあれ、まず「自分は絶対に幸せになる!」と決めること。

正確には、自分の人生は何があろうと幸せな人生であると、心から信じることである。

人生の不思議な仕組み

長い目で見ると人は、自分が思った通りの人生を歩む。

すなわち、「自分の人生は惨めで不幸だ」と心から信じていれば、現実もそのとおりになる。

惨めで不幸な現実を思う存分見せてくれるだろう。

一方、「自分の人生はいろいろあるかもしれないけれど、最終的には幸せな人生になる」と信じている人はたとえ紆余曲折があろうとも。

自分を信じ、人生に最善を尽くすことができる。

だから結果的に、最後の最後には大団円。めでたしめでたしの人生を送ることができる。

長い目で見れば人生の辻褄は合う!

もちろん、人生で何をどう信じていても、ときに「なぜこんなことになるのか?」という理不尽なことは起こりうる。

それは仕方ない。

大切なのはトータルの話であって、人生で紆余曲折があったとしても、それを乗り越えてめでたしめでたしになればいいだけの話だ。

だからこそ幸せな人生を生きたいなら。まず自分自身の人生を信じなければいけない。

何が起ころうと。今不幸のどん底であろうとも。「自分の人生はこれから、きっと良くなる」と。

今すぐ「幸せに生きる」と決意する

人生における秘密は、まさに覚悟という言葉に隠されている。自分が覚悟を決めた瞬間、その力が解放される。

だからこそ大切なのは、まず幸せになると決めること。「自分は絶対に幸せになる」という意思を持つことなのだ。

そうすれば人生はところどころで教えてくれる。「これがあなたの幸せですよ」というサインを、至るところで示してくれる。

だから何が起ころうと、最後の最後にはめでたしめでたし。人生は、生きるに値する物語になるのである。

出典

『斎藤一人 すべての感情は神様からの贈り物』(廣済堂出版、2017年)

あわせて読みたい

嫌なことはさっさと忘れて次に進む。その先に楽しいことが待っているから

人生で困ったことが起こるのは不幸になるためではない

困ったことは起こらない。これが問題を乗り越えていく最強の考え方