人生なんとかしたいと思うならまだなんとかなる。しかし

自分を信じる美しい美女

自分の人生をあきらめてしまったら、そこで全ては終わる。

いくら誰かが救いの手を差し伸べようとしたところで。幸運の神様が人生逆転のチャンスを与えてくれたところで。

自分の心が折れきってしまっていては、親身な応援があったとしても、すべては無意味に終わってしまう。

逆に言えば、どんな状況であれ自分の人生をなんとかしたい。自分は絶対にこのままでは終わらない。

その強い気持ちがあるならば。人生逆転のチャンスは巡ってくる。

心構えがすべてを決める!

人は単純に、頑張っている人を応援したいという習性を持つ。

不平不満や愚痴を撒き散らす人を完全放置でスルーする一方で、人生を良くしていきたい。今よりもっと人生を良くしたい。

そんな前向きな気持ちを持つ人に対しては、応援して支えていきたいという救いの神が現れる。

この意味で、人は人に生かされているということは、決して綺麗事ではなく、確固たる世の中の事実である。

だからこそ、人生うまくいっているときもお陰様の気持ちを忘れてはいけないこと。

逆に、人生がうまくいっていないときも人のせいにしてはいけない。その心構えが運命を分かつ。

自分を信じる絶対的力

実際、自分さえあきらめなければ、驚くほど不思議な奇跡は起こりうる。

そして、なぜ自分の人生にこんなことが起こったのか。そのあまりの変貌具合に、人生は山あり谷あり。

良い意味でも悪い意味でも、人生一寸先は闇。これから先どうなるかは分からないことを実感させられる。

だからこそ、自分を信じること。自分の人生は何があろうと何とかなること。その結末を無条件で信じることが大切である。

自分の人生を信じていれば、そのポジティブな雰囲気が自然に周囲に応援者を引き寄せる。

逆に、「自分の人生なんて・・・」とすねていれば、状況が良くなることはない。

ますます自分の人生が最悪であることを証明してくれるような出来事。人々を引き寄せるだろう。

それによって人生は教えてくれる。「あなたは考え方は変える必要があります」ということを。

最後に

信じるということは、簡単なようでとてもむずかしい。

特に、今の人生が最悪で、1ミリも自分の人生がこれから良くなっていく証拠が見つからないときはなおさらである。

しかしそんなときだからこそ信じるのだ。

自分の人生はまだ終わらない。これからなんとかなる。いや、絶対になんとかしてみせる。

その気概こそがまさしく、人生を変えていく根本的な力である。

だからこそ、自分の人生をなんとかしたいと思うなら、まだなんとかなる可能性が残されている。

自分があきらめてしまったら、本当に人生は終わってしまうのだ。

あわせて読みたい

自分自身が人生をあきらめないかぎり、人生逆転のチャンスが与えられる

悪いことは続かない。どんな経験も最後は良い方向へ向かうから

「もう俺はダメかもしれない・・・」と思ったときが逆転のスタート!