やりたいことをやれない人生に意味はない

楽しむこと

無上の喜びを追求したことのない人間。

世間的には成功を収めるかもしれないが、まぁ考えてごらんなさい。なんという人生でしょう?自分のやりたいことを一度もやれない人生に、いったいどんな値打ちがあるでしょう。

ジョーゼフ・キャンベル

目的を達成するために、人は様々なことを我慢し、犠牲にする。

いい大学に入るため、遊びを我慢し勉強漬けになること。会社で出世するため、社内政治に熱を入れ、イヤな奴と上手くやる。当然土日も犠牲にする。自分を騙して馬車馬のように働く。

それは本当に幸せなのか?

スポンサーリンク

我慢の先に手に入るもの

したいことを我慢して、目標を達成するために頑張ることで、確かに人は成功するのかもしれない。

いい大学に入れば、いい会社に入れば、周りがチヤホヤしてくれるし、経済的に成功すれば、いい服を着れて、いい家に住み、世間の評判も得ることができるかもしれない。

しかし、それが本当に幸せなことかは、実際分からない。

周囲の目は、予想以上にうつろうし、したいことをずっと我慢して、「みんながいい」と思うことを追求していっても、常に空虚さがつきまとう。

死を迎えた人が一番後悔することが、「自分のしたいことをしなかったこと」であるという。いくら社会から高い評価を得ても、富や名誉を得ても、人は幸せにはなれないようだ。

喜びを犠牲にする代償

自分のしたいことをせず、我慢ばかりしても、成功はできるかもしれない。しかしその代償は大きい。一度きりの人生を、後悔が残るものにしてしまう。

それは、社会的に成功できたとか、そんなこと以上に、魂にとって大きな影響を及ぼす。

せっかくこの世でできること、したいことがたくさんあるにも関わらず、俗世の名誉ばかりを追いかけた結果、何が幸せを運んでくれるのか。何が豊かな気持ちにさせてくれるのか。

大切なことを見失ったまま、虚飾の栄光に自分を見失う。それは成功などでは、決してない。

最後に

この世に生まれて好きなことができる。それはただ好きなことができるだけでなく、自分の魂の成長にとっても大切なことである。

「好き」という喜びを追いかけていくことによって、自分が何者なのか。そして、本当にこの世で何を成すべきなのかという、本質的なナゾが解ける。

一方、世間体に引きずられて「○○が成功の証である」というものばかりを追いかけた結果、それを手に入れても不幸になってしまうのはあまりに虚しい。

誰がどう言うかなど関係ない。大切なのは、「自分がどう感じるか?」なのだから。

出典

『神話の力』(ハヤカワノンフィクション文庫、2010年)

あわせて読みたい

何をしても心が満たされない本当の原因

人は人、自分は自分。幸せを人と比べる必要はない

守銭奴が幸せになれない本当の理由