幸せは最初から不平等に見える。しかしそれはそう見えるだけで

スポンサーリンク

悲しげな美少女

ひとは幸福になるために生きているいけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

橘玲(作家)

私たちは、一人一人、生まれながらにして、幸せになる権利を持っているとされている。

しかし、現実問題、世の中には幸せな人と不幸な人がいて、誰もが幸せになる世の中ではないようだ。

スポンサーリンク

現実は確かにこうだけど

穿った見方をすれば、人生の最初から幸せに近い場所にいる人、幸せから遠く離れた場所にいる人がいて、その点、幸せは平等ではない現実がある。

だから幸せになろうと思っても苦難続きの人生の人がいる一方、人生イージーモードで、人生何もかもが簡単に進んで、幸せを味わえう人がいるのだと思う。

こう書いているとなかなか悲観的かもしれないが、「幸せは不平等である」という現実を頭に入れておくことはとても大切なことだと思う

不幸だから幸福を手に入れることができる

幸せとは不平等であること。

それを自覚することで、

「幸せは、ただ指をくわえて待っているだけでは、手に入らない。だから自分で手に入れてやるんだ」

という気概が心の中でメラメラと湧いてくる。

それによって、幸せから遠い位置にいるというマイナスが、どこかでプラスに転じるときがやってくる。

幸せに恵まれなかった意味を、実感できるときがやって来る。

人生が恵まれている不幸

人生は冒険のようなものなのだから、最初から幸せで満ち足りているより、あれがないこれがない、ないない尽くしのところから始まった方が面白いのかもしれない。

最初から何もかも持っている、幸せにあふれている。そんな人生は、ゲーム開始時、チートで所持金MAXにして何不自由なく冒険をスタートするような、味気ないものだ。

おまけに、お金にしろ人間関係にしろ、最初から恵まれすぎていたら何が大切でそうでないのか、分からなくなる。

幸せではない、何もない、満たされない。そういう状況だからこそ、得たときの喜びが味わえるのだ

マイナスはマイナスではない!

何もない、幸せでない。そこからスタートして、一つ一ついろんなものを獲得していく。自分の力で人生を進んでいく。

その感動や満足、幸福感は、きっと格別のものがあるだろう。そして、心から本音で、「俺の人生は幸せだ」と言えるときが来るに違いない。

この意味で不幸を味わうことは幸福を味わうための必須の体験。

不幸続きだからといって、自分には何もないからといって、人生をあきらめる必要はないのである。

出典

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(2016年、新潮新書)

あわせて読みたい

「不幸は平等に訪れる」の意味

不幸続きの逆境で自分をダメにしないための考え方

人生は自分自身で切り開く。自分のレールは自分で敷く。