幸せを追い求めるのがアホらしくなる最高の一言

スポンサーリンク

一人考える

完全に幸福になり得るのは白痴にのみ与えられた特権である。

芥川龍之介

人は幸福を求める。

不快より快を求めるのは、当然のことだ。だからこそ、世の中は不幸であることより幸福であることを賛美する。

しかしあいにく、幸福な人は少なく、不幸を感じる人の方が多い。

不幸な人生を不満に思い、冴えない日常にうんざりする。そして、自分の人生を卑下する。

スポンサーリンク

生きている限り完全な安心は絶対に手に入らない

不幸な人は幸福を善とするが、幸福は善などではない。

「全て上手くいっています。私は幸せです」

と大声で言える人は、自分を騙しているか、物事が見えていない盲目の人だ。

私の人生には制限がある。

私は他人を変えられない。

私にはできる事とできないことがある。

愛して、愛されない悲しさがある。

まともな客観性を持つ人なら、何もかもすべて、完璧になり得ることはできないと知っている。

人生不幸でもそれでいい

人生、何もかも思い通りにいくなどあり得ないと知っている。人生、問題の連続であることを知っている。

だからこそ、「人生全てうまく行っている、私は完全に幸福です」と言える人は、自己欺瞞の人か、現実を見ない盲目の人なのだ。

「今、自分は不幸だ」と感じていても、嘆く必要はない。ある意味、不幸であるのが当然なのだ

もともと人生、生きることは大変で、楽なものではないのだから。

出典

『侏儒の言葉・西方の人』(新潮文庫、1968年)

あわせて読みたい

不幸や苦しみは自分一人だけに起こるわけではない。まずそこのことを知ることが

「自分は不幸だ」と感じる事実を否定しない。本当の意味で人生が好転するために

不幸続きの逆境で自分をダメにしないための考え方