自分の進むべき道は「子ども時代」から見つけることができる

行く先が分からない女性

人生に迷ったときに大切なのは「原点に戻る」ということだ。

原点とは自分自身の本質である。それは子ども時代を振り返ることで思い出すことができる。

例えば小学校の頃。

自分がどんな子どもだったのか。何が好きで何が嫌いだったのか。誰とどんな友人関係を築いていたのか。

それらを振り返ることで、「もしかしたら自分は・・・」とハッとするような自分の本質を思い出すことができる。

それが分かれば、再び進むべき道が見えてくる。

スポンサーリンク

進むべき道は既に示されている

例えば、筆者の場合。

20代で人生が詰みかけ、「自分の人生、これからどうすればいいのだろうか・・・」と人生の岐路に立たされたとき、一人長野に旅に出た。

その旅のなか、自分の人生を振り返り、「今の仕事(文章を書く仕事)で食っていこう」と決意し今に至るが、先日子ども時代の友人たちと再会し、当時の思い出話に花が咲いた。

そのなかで、「お前は先生から読書感想文で評価されたりして、文章を書くのがうまかったからなぁ」という話を偶然聞いた。

筆者は全くそのことを忘れていたのだが、なるほど、人生のヒントはこんなところにあるのか、と深く感動した。

そして、今自分がこの道を選んでいるのも、「そうなるようになっていたのだ」と実感した。

自分の本質を思い出す

このように、子ども時代というのは、自分の本質、未来を示してくれるヒントが溢れている。

もし、自分の進むべき道がわからなくなったときは、子ども時代のことを思い返すといい。できれば、当時の友人たちに連絡を取り、いろいろ話を聞くのもいい。

子どもの頃の自分はどんなキャラだったのか?あの頃は何に夢中で、どんな夢を持っていたのか。それらを振り返ることで、気づく何かがある。

大人になっていくにつれ、周囲に合わせるために人は自分の本質を隠し、現実に適応していく。それによって人は自分が何者なのか、大切なことを忘れてしまう。

だからこそ、自分の進むべき道がわからなくなったときは原点に戻ることが大切だ。原点を振り返れば、自分が忘れてしまった、大切なことを思い出すことができる。

最後に

最終的には自分が進むべき道は自分しか分からない。自分が何者なのかを思い出したとき、自分自身が、進むべき道を、思い出させてくれる。

そのためには原点に戻ること。自分の子どもだった頃を思い出すこと。そこに大切なヒントが隠されている。

そしてそれを思い出せば、自分が何のために生まれてきたか。この世で何をなすべきか。人生の本質的なヒントを教えてくれる。

つまり自分が生まれて成長し、今ここにいる意味。そこに整合性を見出すことができる。人生で迷ったときはただ、原点に立ち戻ればいい。

すると、すべてのことにはそれなりの意味があることが分かるだろう。