お金で夢をあきらめるな

夢をつかむために

財布に3000円あれば、人生に不可能はない。

柴田エリー

人生でお金は絶対に大切である。

お金がなければ生活できない。お金がなければ意にそぐわない仕事をしなくてはいけない。しかし、お金のせいで人生をあきらめてしまってはいけない。

「お金がないから○○できない」

それはとてももったいない。

お金があれば可能性はグッと広がる。チャンスも増える。しかし、お金がないからといって、夢や希望まで捨てる必要はない。

例えば、あるアメリカの有名な歌手の話。

彼女は自分の夢を叶えるためにアメリカの田舎から飛び出し、ニューヨークにやってきた。そのとき彼女の財布にはわずか3000円分のお金しかなかった。

だからといって、彼女は自分の夢を諦めることはなかった。そして、いろんな苦労をしつつも最後には大成功をおさめた。

彼女の名前を、マドンナと言う。

もし彼女が「私にはお金がないから・・・」とあきらめていたら、今の世界的スターのマドンナはこの世には存在していなかったかもしれない。

もちろん、全てをかけて挑戦しても夢を実現しない場合もあるかもしれない。

しかし、やる前からあきらめるのはもったいない。自分は人生で何をしたいのか。心が教えてくれることに正直になるのだ。

そのときお金は関係ない。お金がなければ別の方法を探せばいい。今できることを全力ですればいい。

そうすれば最終的にはなるようになる。そして一度きりの人生、絶対に後悔しない。そこに生きる意味があるのだから。

目次
出典

『心が折れそうなときキミを救う言葉』(ソフトバンク文庫、2012年)

夢をつかむために
Follow Me