引用

仕事

仕事をする。その本質は仕事をすることを通じて

しばしば誤解されますが、「仕事」そのものには、価値などありません。仕事そのものが価値を持っているのではなく、その仕事をすることを通じて、自分自身が価値を発揮するのです。 飯田史彦、『ソウルメイト』より 当たり前の話だが、ごく一部...
人生

人生において本当の意味で危険なタイミング。それは不運続きの時ではなく

築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る。 チャーチル 人生で大きな悲劇が起こるとき。それは不調のときではなく、むしろ好調のときにこそ「原因」が作られている。 人生が...
人生

人生1にも2にも、そして3にもタイミング。

散る花を追うことなかれ、出ずる月を待つべしじゃ。 本多静六、『私の財産告白』より 人生はタイミングである。そこを間違えさえしなければ、実力努力その他+アルファは、おまけとまで言える。 タイミングが合えば物事は驚くほどうまく...
人生

今そこにある現実がどうであれ、私たちは「泥の中でも咲く花」になれる。

望まぬ運命が不幸とはかぎりませぬ。望みすぎて不幸になった者たちを、多く見て参りました。得たもののかわりに何を失ったのかも分からずに、ずっと欲に振り回され。私は、泥の中でも咲く花になりとうございます。 平時子(TVアニメ『平家物語』...
信念

【大器晩成】蒔いてきた種はやがて芽を出し始める。大切なのは

大器は晩成でしかないのです。コツコツと愚直に努力を積み重ねる。誰よりも長く継続する。そうする事でしか大器は完成しないのです。 自分は他人よりも遅い、なかなか芽が出ないと悩んでいるあなた。それは弱点ではありません。あなたの取り柄です...
人間

人は自分の内側に抱えた問題や不満を外へと向ける。その結果

コンプレックスを持つ人間は必ず、自分の憧れている鏡を引き合いに出します。 『無名の人生』より 人は、自分の「内」にあるコンプレックスや不満や問題を、無意識に「外」へ投影する。 言っている言葉が「それは、あなたのことですね?...
逆境

人生が花開かないときはじたばたしない。やがて時が来れば

じたばたしたとって、春が来ねえば、へえ花は咲かねぇちゅうこんだ。落ち着いてやるだよ。そうだ。なにもせかせかすることはねぇだ。ゆっくり腰据えて、するだけの事をこつこつやっとれば、それだけのものは、いつか、必ず、身にめぐって来るのだ。 ...
人生

自分の人生は自分で決める。それは結果的に

他人から見て、その道がいかに下らないにせよ、「自分で自分が道をつけつつ進み得たという自覚があれば」、人は、要らぬ劣等感や優越感に囚われることはありません。 自意識ではなく自分自身の必然に沿った歩幅を信頼することさえできれば、等身大...
人生

人生はそもそも試練が訪れる。試練が訪れることによって

「わかるのは、生きている次の試練がくるんだよ。ビーチに豪邸を建てたとたん、その豪邸が津波で流されるとかね」 「でも考えてみれば、一生安泰だったら、天国と同じだから、生きている価値がないのかもしれませんね」 (『非常識な成功法...
人生

「もしあのとき、○○でなかったら」人生はそんな偶然に左右されている。

「もし、私があの時、叔母たちの奨める縁談を拒絶したい気持ちがなかったなら」「もし私が、父を憎み亡母を思慕する気持ちがなかったなら」私はこの妻との結婚はもちろん、交際もしていなかったであろう。 同じように妻も「もしその助手に黙殺され...