TAG

引用

人生が変わるターニングポイントの気づき方

人生はささいなことで、大きく振れる。しかしその渦中にあるときにはそれがわからない。何年も経って振り返ったときに初めて、あのときがターニングポイントだったのかと気付くものだ。 遠藤宏志 人生には右か左か。どちらに進むかによって、大きく人生が変わってしまう瞬間がやって来る。 それは、 […]

成功者とは「今やるべきことをやる」人である。

今ならわかる。そしてこう言える。 人生の成功者は、優先順位を間違えない人間だと。簡単に言えば、「今やるべきことをやる」これができる人は成功を収める。たとえ運が悪くとも、人生のはずれ馬券を掴むことはない。 書店に行けば、「成功者になるための十の法則」やら、「社長がいつもやっている7 […]

「苦労すれば報われる」というウソ

苦労は美談ではないよ。苦労イコール不幸が待っているよ。苦労自体が不幸だもん。 不幸の種を蒔いてね、幸せが実るわけないんだ。朝顔の種を蒔いてバラが咲くわけがないんだよ。とんがらしを蒔いてね、かぼちゃが実るわけがない。 苦労すること自体、神が「それは止めなさい」って言っているようなも […]

人生が炎上しない「丸く尖る」すすめ

発言をする時は、いろんな立場を想像して俯瞰(ふかん)する。誰も傷つけない。誰も挑発してない。けれど、埋もれるような内容ではなく尖っている。 「丸く尖る」を意識して発信できるようになってからは、大手クライアントからもお仕事を頂けるようになりましたし、フォロワーさんが本当に温かい人ば […]

なぜ瞳を見ればその人の本性が分かるのか?

人を見極めるのには瞳を見るのが一番よい。 瞳は自分の悪を隠すことができない。心の内が正しければ瞳も澄んでいるが、そうでなければ濁っているものだ。 言葉を聞いて瞳を見れば、その人の心のありさまが分かる。 渋沢栄一 目は心の窓と言われる。 すなわち、いくら表情を取り繕ったところで、そ […]

争いは避けるが吉。勝っても負けても運が下がるから

弁護士として一万人以上の人々の人生を見て、つくづく感じるのは、「争っていいことは何もない」ということです。 なぜなら、争うことで運が悪くなるからです。 たとえ、訴訟に勝って大金を手に入れたところで、運を悪くしては何もなりません。実際、争いで手に入れたお金はすぐに失うことになります […]

人生が停滞したときに最低7回は読み返したい言葉

本当に「流れが自分に向かってないとき」がやって来たら、動かないで、待つことも必要なんや。 「スランプに陥って、停滞する時期」というのは、誰にでもあるんや。「ずっと調子がいい状態が続く人生」というものは、非現実的や。 うまくいかないときはな、いったん休んで「気分転換する」っていう方 […]

人生これからきっと良くなる。自分の人生を信じる限り

君に覚えてもらいたいことは、人生を信頼することだ。必ず、助けは来るとね。人生を信頼できる者にだけ、幸せは訪れるのだから。 ゲラー 人生すべては途中経過。 今あなたが「もうダメだ」という人生最悪の状況に陥っていたとしても。何一つ人生が好転する見通しがなかったとしても。 ただ一つ言え […]

人生上昇の途中で大トラブル発生。それはこういうお約束

成功していくと、おもしろい現象が起こるのだ。 君のビジネスが順調に成功していっているとしよう。ところがある時点で、上昇気流の途中のエアポケットに入ってしまうことがある。 とにかく、想定外のことが急に勃発し、全身冷や汗だらけになるときがあるのだよ。 いままで苦労して築き上げてきたも […]

なぜ人生は「思った通り」にしかならないのか?

日常的に自分が考えていることを絶えずチェックしなさい。 日常的に考えていることが人生をつくる。金持ちは日常的に豊かさ、新しいチャンス、楽しいイベントのことを考える。 お金に縁のない人は、月末の支払い、イヤな上司、リストラ話など貧困につながるようなことばかりを考えている。 どこに、 […]