全ては過程。人生どん底でも全てを諦める必要はない

前へ進む男

どんなつらいことも、それは必ず過ぎ去る。だから、「希望」は死んでも捨てない。

ひすいこたろう

人生のすべては、結局のところ「過程」である。

仕事で成功しようが。小金を手に入れようが。異性にモテモテだろうが。学校でいじめられようが。会社からリストラされようが。

人生で何が起こったとしても、全ては結局、「過程」にしか過ぎないのである。

一寸先は闇であり光

人生、良いことも悪いことも必ず過ぎ去る。そして全ては過去の出来事となる。

つまり、人生でどんなに最悪なことが起こったとしても。どんなに幸せなことが起こったとしても。それは決して長続きしない。

だから人生で何が起こったとしても、先のことは誰にも分からない。今最高に幸せだったとしても、3日後にはどうなっているか分からない。

逆に、今最高に不幸のどん底にいるとしても、3日後には奇跡が起こって、人生大逆転している可能性だってある。

この意味で「一寸先は闇」という言葉は「一寸先は光」と言うこともできる。

だから今は耐えればいい

結局のところ、人生で起こる出来事に対しては、それが良いことであれ悪いことであれ、いちいち気にする必要はない。

良い状態のときはそれでいい。悪い状態のときは少しの間だけ我慢していればいい。何にせよ、時間とともに必ず状況が変わっていく。

だから「もう私の人生はダメです・・・」など、悲観する必要はない。人生なんて、流れが変われば、面白いように状況が変わる。

だから人生良いときも悪いときも、人生は常に過程であることを忘れないことだ。どうせ、全ては変わってしまうのだから。

最後に

今日は今日で明日は明日。今日が最悪の一日であったとしても、明日どうなるかは分からない。人生で何が起ころうともそれは経過。すべて終わってしまうことである。

それを知ったところで、淡々と過ごすことは難しいかもしれない。でもただ一つこれだけは覚えておく価値がある。

人生どんな最悪のときも。「終わりだ・・・」という絶望の淵にいても。そのときは必ず過ぎ去る。だから「希望」を捨てる必要はないのである。

なぜなら人生は本当に、いつ、どこで、どうなるか、分からないのだから。

出典

『心が折れそうなときキミを救う言葉』(SBクリエイティブ、2012年)

あわせて読みたい

未来に希望が持てない「どん詰まり」のときに思い出したい5つのこと

人生が停滞したときに最低7回は読み返したい言葉

良くなる前に悪くなる。人生で起きる「好転反応」とは?