お金はどこまでいってもただのお金。目的があってこそ意味を成す

お金の欲望に魅入られた美女

人間、金ができたら名誉が欲しなるねん。

人間の究極の欲望は名誉や。名誉ができたら、ああ、金も人も自然についてくるけど、金はどこまでいってもただの金にすぎん。

財前又一

世の中を生きていく上で絶対に必要なもの。それがお金だ。

ここでは、「人生お金がすべてではない」とか、「貧乏でも清く正しく生きていける」とか、そういう理想を話すつもりは一切ない。

実際、お金があれば人として普通に暮らしていくだけの基盤を手に入れることができる。その上で、人によっては高級品とか異性とか、欲しいものを手に入れることができる。

つまり、人が人として生きていく上で、お金が持つ魅力。そしてその価値を否定する必要は1ミリもない。

もちろん、処世的な意味でお金の話を表でおおっぴらに口にするのは賢いことではない。時と場合によっては、「お金なんていいんです」と振る舞うほうが、ずっと賢明である。

スポンサーリンク

お金は道具。その真価は道具は持ち主の使い方次第

とはいえ、世の中の建前と本音を読み違えてはいけない。

実際、多くの人はお金で動く。お金で動かすことができる。何より、お金で人生を快適にすることができる。だから人はみな、お金を欲しがる。

その現実を無視して、お金に反発して綺麗事を云々するのは賢明とは言えない。やがては、「お金を嫌う者はお金に嫌われる」という真実を目の当たりにすることだろう。

ただし間違ってはいけないのは、お金はあくまでお金。何か目的あっての道具に過ぎないことを忘れて、完全にお金の崇拝者になるのもいかがなものである。

お金が道具であることを忘れて、身も心もお金に取り憑かれてしまったらもはやこれまで。不幸な犠牲者になる未来しか見えてこない。

ここがお金が持つ、怖いところである。

お金で不幸にならないために

お金を道具だが、完全無欠、完璧な道具ではない。お金で買えるものもあるし、買えないものもある。つまり、お金でできることとできないことがある。

それを忘れてしまい、お金によって自我肥大化。お金さえあれば何もかもできると過信したまさにその瞬間、不幸はすでに始まっている。

やがては時間差で、人生で本当に大切なものを、一つ一つ、失っていく。それはとても恐ろしいことであり、まさに生き地獄のようなものだ。

そうならないためにもお金はお金。それは必要な道具だが、道具である以上完璧なものではない。そして、道具を使うのはあくまで人間であること。

つまりはお金で人生を快適にすることはできる。刺激的な経験をすることができる。豊かな気持ちを味わうことができる。人を動かすことができる。

それでも、お金で手に入らないものがある。できないことがある。そのことを肝に銘じておきたい。

出典

『白い巨塔』(2003年、フジテレビ)