仕事にワクワクする必要なんて1ミリもない。ただし

仕事の成功

あなたは今まで、「自分がどんな仕事をすれば幸せに働けるか?」という問題について、考えたことがあるだろうか。

どんな仕事を選ぶのか、それは人生誰もが一度は悩む問題で、仕事が楽しいか楽しくないかは、人生の質に影響する大きな問題であるのは否定できない現実である。

スポンサーリンク

キーワードは「好き」「ワクワク」

だからこそ世の中にはいろんな仕事論があるが、最近よく言われるのは、「自分の好きなことを仕事にしよう!」という主張だ。

好きなことを仕事にすれば毎日ワクワクできる。そして、ワクワクすれば仕事も楽しいから、それが好きでない人よりも良い仕事ができる。だから成功できる。

かんたんに言うとこういう理論になるのだが、これはとても正しい考え方だと思う。

実際問題、同じ仕事を頼むにしても、それが本当に好きでやっている人とイヤイヤやっている人とでは、仕事の質が全く違うからだ。

だから、もし今あなたが、何か「自分はこの仕事が本当に好きだ!これで食っていきたい!」と強く思う仕事があれば、それはきっとあなたにとっての天職かもしれない。

自分を信じて前へ進んでいくことが大切だ。

仕事がつまらない悩み

しかしなかには、「仕事がつまらない。お金を稼ぐために一応は頑張っているけど、これでいいのだろうかといつも悩んでいる」という方もいるかもしれない。

そういう方にとって、ワクワクする仕事を選ぶこと、好きな仕事を選ぶということは、ただの絵空事、もっと言えば綺麗事のように感じるかもしれない。

そして、嫌いな仕事、ワクワクしない仕事をしている自分のことが、イヤになってしまうかもしれない。

そんなあなたに強くお伝えしたい朗報が一つある。それは、仕事にワクワクする必要なんて1ミリもないという話だ。

ただし、あなたがその仕事に手を抜いていなければ。

仕事には意味がある!

世の中の仕事はすべて、何らかの必要性があるからこそ、そこに存在している。

つまり、あなたがしている仕事は、あなたがそれに気づこうがそうでなかろうが、どこかで誰かのためになっているのだ。

究極的に言えば、あなたがワクワクしてその仕事に取り組まなくても、最低限手を抜かず、全力でその仕事に取り組めば、あなたは十分、その責任を果たしている。

だから目の前の仕事をしっかりしているあなたは、それだけで十分素晴らしいのだ。

別に好きな仕事をしてワクワクしていない自分を恥じる必要もないし、今すぐにあなたは自分がワクワクする仕事を見つけなければいけないという話でもない。

実際のところ、世の中では自分の仕事にワクワクできない人の方が多い。仕事が退屈で、意味を感じられない人の方が圧倒的に多い。

だからこそ、「好きなことを仕事にして成功しよう!」とか、そういう主張が人気になるのだ。

どんなときも目の前の仕事に全力を尽くす

仕事が退屈で何一つ面白みがない。だから誰にも気づかれないように手を抜いて、とことん楽しようとする。

こうなってしまえば、あなたはただの給料泥棒になり果て、一時的に得をするかもしれない。

しかしあなたは自分自身の品性を落とた挙句、長い目で見ると、人生で大きく損をする。

逆に、今の仕事がたとえ意味が感じられないものだったとしても、退屈でつまらないものだったとしても、それに手を抜かない。

今のあなたができる最大限の仕事をする。それを続けていれば、あなたは確実に、世の中の誰かのためになっている。

その姿勢を評価する人が、いつかどこかで現れる。

あなたも、稼いでいるお金以上の満足感と自信を手に入れることができる。それは金額の多寡では評価できない、素晴らしいものである。

この意味で、一つの会社にずっと勤めて、マジメに職務を果たしている人。日々、手を抜かず自分のやるべき仕事をコツコツしている人。

彼らは皆、人生の成功者である。

最後に

世の中生きていく上で一番の理想は、自分が毎日ワクワクしながら取り組める楽しい仕事をして、かつ、それで人から評価され、驚くほどお金が稼げ、豊かに暮らしていける人生かもしれない。

実際、そんな理想的な人生を実現している幸運な人が存在するのも確かだ。

しかし別に、好きでワクワクする仕事ができないからといって、人生が無価値なわけではない。

むしろ、毎日興味がない仕事をしなければらない。仕事にやりがいを感じられずに悩んでいる。そういうときこそ、自分自身の人間性が試されているときかもしれない。

この仕事はつまらない。

そんなとき、誰にも分からないよう、いい加減に手を抜いて楽をしようと考えるか。それとも、この仕事はつまらないけど、できる限りのことはしようと考えるか。

そこがあなたの人間性が問われる瞬間だ。

だからこそ、あなたは仕事にワクワクする必要なんて1ミリもない。あなたが目の前の仕事に全力で向き合うならば。