そもそも適応が必要な仕事は向いていない話

お金を持っているビジネスマン

仕事選びで大切なこと。

仕事をして不幸にならないために大切なこと。

それは対して努力しなくても、自然と馴染める仕事を選ぶこと。

あなたは環境を選ぶ権利がある

「仕事は選ぶな、自分を変えろ!会社に馴染むように努力しろ!」

と言われる。

それは一昔前までは正しいものだった。一度会社に勤めれば、クビになるリスクは低く、定年退職まで会社で生き残ることができたからだ。

しかし、今はどうか?

会社に忠誠心を捧げて、どのくらいの人が報われているだろうか。

今はだれでも、いつでもリストラ勧告されるリスクのある時代。その環境で生き残るためには、仕事でのスペシャリティを持つ必要がある。

仕事でのスペシャリティを持つためには、自分が一番能力を発揮できる場所、開花できる場所を選ぶ必要がある。

これが大前提だ。

成長が期待できない場所

その会社に合うように自分を適応させる。その仕事が上手くできるよう、自分を変えていく。

この時点で、もうその仕事で周りから「ずば抜ける」ためのチャンスはほとんど消えている。

なぜなら、「適応する」という努力をしている段階で、その仕事が自然とできる人間には決して叶わないからだ。

今の世の中は、一部の出来る人が報酬の大半を得て、重宝される時代である。

つまり、人と同じようにしかできない仕事に就いている限り、常に様々なリスクにさらされる。

だからこそ、「この仕事はいける!」というものを身につけておくことが、今の時代を生き抜くための武器になる。

それを持たない限り、人から使われ、切り捨てられるリスクの高い生き方しかできなくなる。しかも、どんな不運にあったとしても、誰も同情はしてくれない。

天職が自分を救う

自分で自分を守り、良い結果を出していく。そのためには、仕事選び、職場の環境を選ぶことは、とても大切なことだ。

あなたが今20代から30代なら、「仕事は選ぶな!贅沢言うな!」という意見を聞く必要はないのかもしれない。

なぜなら、これからはますますサラリーマンの雇用が不安定化し、より簡単に仕事を失う時代になるからだ。

会社から真っ先に斬られる人がどんな人か、それを見ていれば、何をすべきかが見えてくるはず。

だからこそ、自分を守るためには、自分が活躍できる、対して努力しなくても出来ることを選び、結果を出せる仕事を選ぶのが合理的な選択なのだ。

天職を求め、それを見つけたものが、大きなアドバンテージを得る時代なのだ。

変えられるもの、変えられないもの

人には向き不向きがある。

ある仕事が向いている人と向いていない人、競争すればどちらが勝つのかは明白だ。

もともと対人関係が苦手な人が努力して営業で苦痛だし、もとから人間関係の技術が高い人には決して勝てない。

人と合いコミュニケーションを取る人が、緻密さを求められる経理や事務の仕事をしても、適応するのに多大な労力が必要な割に、大した結果は出ない。

もちろん、例外はあるだろうが、仕事に適応する努力をするくらいなら、努力が苦痛にならないこと、追求していて楽しいことをする方が、結果も出るものだ。

餅は餅屋。人には無限の可能性はなく一定の方向性が拓けている

だからこそ、自分はどの方向にフィットするのかを冷静に判断し、その場所を探す必要がある。

上手くそこを見つけられることができれば、合わない仕事に適応しようとする場合の何倍もの幸せな職業人人生が待っていることだろう。

あわせて読みたい

「天職」は自分が一番やりたい仕事とは限らない。

自分の代わりはいくらでもいる。だから仕事はやめていい。

人生が変わる瞬間、それをクリックモーメントと言う。

お金を持っているビジネスマン
Follow Me