愛とは決して変わらないもの

永久に愛する

まごころの愛に よけいな口をはさまないでくれ

愛はゆるがないものだから

相手の心変わりによって変わるような愛は

まごころの愛ではない

ウィリアム・シェイクスピア

恋は気持ちが変わるもの。愛は気持ちが決して変わらないもの。相手の態度、反応によって気持ちが揺らぐくらいなら、それは決して愛ではない。

この意味で誰もが恋をすることはできるが、心から人を愛することは、ごく限られた人にしかできない難しいことなのかもしれない。

たとえ相手が変わってしまったとしても、自分が期待するような人でなかったとしても、気持ちを変えずに愛し続ける。

それは実際、かなり難しいことだ。この意味で、忍耐と意志を持たない限り、誰かを愛することは不可能である。

恋をするのは簡単だが誰かを愛するのは難しい。しかしだからこそ、愛することは貴重なのかもしれない。

何がどうあろうと、自分の気持ちは変わらない。「この人を愛する!」と心から決めた人を、意志と覚悟を持って愛し続ける。

何もかも変わってしまう現実があるからこそ、愛することに意味があるのかもしれない。変わらぬ愛が永遠にキラキラと輝くのだろう。

出典

『読まずに死ねない世界の名詩50編』(実業之日本社、2017年)