ツイてないときを「気づきのとき」と考えるとツイてない時期も人生をムダにしなくて済む

意志の強い女

なぜかこの頃悪いことが続く。トラブルが続く。理由もないのにツイてない。人生では突如、そんな悪運まみれのときがやって来る。

それは交通事故のようにある日突然やって来るため、「なぜそのことが起こるのか?」が分かっていないと、ただただ、悪運に人生を振り回されてしまう。

スポンサーリンク

「ツイてない」からこそ気づけること

結論から言って、運が悪いときというのは静止のときであり、必要なことに気づく必要があるときである。

得てして人は幸運のとき、物事が上手くいっているときは、じっくり止まって物事を考えることをなおざりにしてしまう。

「これでいいのか?」ということでさえ、上手くいっているときは「まぁいいだろう」と深く考えず、ただ前へ進もうとする。

ところが、悪運続きのときは何もかもが上手くいかないときである。

なぜかトラブルがやってきて、気持ちも落ち込み後ろ向きになって、前へ進むに進めない、そんな状況が強制的にやってくる。

これはすなわち、「前へ進もうとするのをやめなさい、今ここで止まって、今までの暮らしを振り返って、物事を考え直しなさい」とチャンスを与えられているようなものだ。

この悪運のときに、じっくり止まって自分自身を振り返ってみると、きっといろんな気づきが得られるはずだ。

「これは間違っていた」「こんなことはしない方がいい」ということから、「こうしたら自分の人生はもっと満足できるかもしれない」ということまで、普段の反省を通じで、「こっちへ進んだらどうだろう」という道が見えてくる。

それに気づけるかどうかが、一番のポイントだ。それに気づくことができれば、悪運で苦しむことも、ムダなことではない。

むしろ、悪運が消え去ったあと、なぜ悪運がやってきたのか、その理由ですら、はっきり分かるようになるだろう。

人生で「ツイてる」「ツイてない」が交互するのは理由がある

運勢というのは考えれば考えるほど、本当に不思議で面白いものだ。

今までずっと運が良かったのに、日付が変わったとたん、特に理由もなく悪いことが連続してやってくる。やることなすこと裏目に出て、常に何かいやーな感じがつきまとって離れない。

ところが、また運勢が変わると、このいやーな感じは雲散霧消し、すっきり消えてしまう。そしてまた、物事が上手くいく周期へと入っていく。

つまり、人生には運が良いときと悪いときが交互がやってくる。その理由は、運勢の悪いときを通じて、人生の軌道修正を求められているからだ。

運がいいときは特に人生に悩む必要も、人生を自省する必要はないだろう(そういう気分にならないはずだ)。

しかし、何かでつまづいたり、悪いことが続くと、気持ちはどうしても後ろ向きになる。すると脳みそは自然とあれこれ考え出す。

自省していろいろ考えるべきタイミングはまさにこのときだ。ここで今後の自分の人生の航路、日々の改善点を、止まりながら考えればいい。

新しいことを始める必要はない。ただ現状維持できれば十分だ。そこから今何に気づく必要があるのか、自分の人生はこれでいいのか、今後についてじっくり考えていけばいい。

そしてまた運が変るときが来たら、そのときこそ動くときだ。考えて分かったこと、気づいたこと、思いついたアイディアを、行動に移してみよう。

するべきことやりおえ、人生の調整が完了したときはきっと、悪運が続く時期も、決してムダな時期ではないことに気づくはずだ。